挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
亡霊葬稿ダイホーン だれが変温の哺乳類を操っているのか/コリカンチャとカト●チャはインカに違うのか 作者:烏田かあ

第三章『抜け道だらけの密室』

13/93

③サーベルタイガー

「はいはい、ちょいとごめんなさいよ♪」
 ミケランジェロさんは豊満な胸と尻で改を圧迫し、電話ボックス大の空間に相部屋する。

 現役JKと密室に二人きり――。

 白いうなじが目の前をちらつき、シャンプーのフルーティーな香りが鼻をくすぐる――。

 ――が、改の脳裏には「監禁」の二文字しか浮かばない。
 果たして、生きてここを出られるだろうか。

「……今気付いちゃったんですけど、ここ男子トイレですよね? なんでフツーに入って来ちゃってんの、アンタ」
こまけぇこと言うなよ♪ 呑み屋なんて乱パの前哨戦みてぇなもんだろう? 男と女がトイレにしけ込んだって、誰も気にしねぇよ♪」
 乱暴なのか率直なのか微妙な発言をすると、ミケランジェロさんは谷間からライターとタバコを取り出した。どっしりと洋式便器にまたがった彼女は、事後のように深く吸い、鼻の穴から煙を噴き出す。

「……って言うかね、誰もそんな風に思っちゃってませんでしたよ。俺、明らかに心配されちゃってたもん。こう、『お札は靴下に隠しておいたほうがいいよ』みてぇな感じで」
「なんだァ? アタイに性的魅力がねぇってかァ?」
 巻き舌気味にすごみ、ミケランジェロさんは改の胸ぐらを掴む。
 バッキバキに反り返る二本の指――狙いは改の目玉だ。

「あります! あるでございます! Fなちちとか最高っス!」
 光を失いたくない改は、心にもない賛辞をべ立て、ビシッと敬礼する。
「いやらしい目で見るんじゃねぇ♪」
 一端いっぱしのJKのように甲高い悲鳴を上げたミケランジェロさんは、デスクローっぽく改の頭を掴み取る。鐘をくように振りかぶり、改の脳天を壁に叩き付ける。鈍い衝撃音と共に火花が舞い、壁に天井に放射状の血痕が散る。スイカ割りの後みたい。

「模範解答を教えてくれよぉ……」
 心の底から呟くと、改は便器の横に丸まり、頭を抱える。
 これ以上、脳にダメージを受けるのは本当にマズい。事件が解決する頃には、カーロス・リベラになっている。
「アタイに文句があるってぇのかい!?」
 恫喝しながら腕捲うでまくりし、ミケランジェロさんは便器の横にあったボットンを振り上げる。
 何をするかは決めていない。考えるより先に凶器を取る人なのだ。改の周囲では彼女のことを、「JK界のタイガー・ジェット・シン」と呼んでいる。

「な、何だ、今の音は!?」
 ドアの外から聞こえて来たのは、困惑のあまり上擦った声。
 大騒ぎしている内に、中條がトイレへ入っていたらしい。
 て・めぇ・の・せ・い・だ・ぞ♪ い・た・み・く・ら・い・た・え・ろ♪
 口パクで伝えたミケランジェロさんは、ボットンの柄で改の頬をグリグリする。
 お・と・こ・じゅ・く? 
 口パクで言い返した改への制裁は、スリーパーホールドだった。これ以上音が立たないようにしてくれるなんて、彼女とは思えない配慮だ。おかげで心音も小さくなってきた。

 男女が一つの個室に入っていてもおかしくない状況は!?
 中條の疑念を晴らすべく、改は思考を巡らせる。
 ダメだ。右脳を検索しても、左脳をひっくり返しても、ロクな案が出て来ない。どうも脳味噌を働かせるには、酸素の供給量が絶対的に足りないらしい。酸欠によって霞んでいく脳内で、「乱パ」と言う単語だけが金色こんじきに輝いている。

「欲しかったんだろう?」
 淫靡いんびに囁いた改は、いかにも脱いでいるようにズボンのチャックをカチャカチャ弾く。おもむろに谷間をまさぐったミケランジェロさんは、バタフライナイフを取り出し、改の頬をペチペチ叩く。まずは指を詰めてもらおうか、だ。
「……フリ! 演技! アクト!」
「……何だ、芝居か♪」
 残念そうに呟いた彼女は、改の小指エンコに当てていたナイフを谷間に引っ込める。

 演技と聞いて、女優魂が騒ぎ出したのだろう。
 よぉーし♪ と意気込んだ彼女は、女の子らしく小さな咳払いを漏らす。
「おおお~っ♪ ち、ちくしょうっ♪ こ、こんなのってあるのォ♪ 悪魔♪ 人殺しっ♪ あああ~♪」
 個室の改とドアの外にいる中條、ずっこける音がハモった。

「何だ!? 何してんだよ!?」
 正気とは思えない雄叫おたけびを聞いた中條は、怯えた声を発しながらドアのへりに指を掛ける。ドアによじ登り、個室の中を確かめるつもりだ。
「そんなあえぎ声聞いたことなかったり!」
「出典ゴルゴ13第七四巻第二三一話『見えない翼』♪」
 華麗に論破した彼女は、再び改の鼻先にボットンを突き付ける。
 度重なる口答えへの罰として、つらの皮を吸い取る気だ。

「……バレちゃう! バレちゃうから!」
 奇跡が起こりでもしない限りあり得ない自重を促しながら、改は脇目も振らずに後ずさる。一歩半で残酷な壁に背中がぶつかった。
「どんなにバタバタしても平気だよ♪ テメェの名演のおかげでな♪」
 悪魔が腕を突き出した瞬間、残像と化すボットン。咄嗟とっさに首を傾ければ、ヒュッ! と鋭い風音が改の耳元をかすめる。柔らかな吸盤が壁にめり込み、粒子の粗い粉塵が視界を曇らせていく。
 つらの皮を剥ぎ取る? 甘かった。彼女は頭蓋骨及び背骨を、改の胴体からボットンするおつもりだ。もうプレデターだ。

 チッ♪ と心底悔しげに舌を打った彼女は、壁に片足を押し当て、ボットンを引っこ抜く。スポン! と吸盤が外れた途端、丸く陥没した壁から砕けたタイルが剥がれ落ちた。
「レクイエムくらいはいてやるよ♪」
 葬儀での活躍を約束すると、ミケランジェロさんはモーツァルトのレクイエムを口ずさみ始めた。迷うことなく改の左胸を見据えた彼女は、心臓を一突き出来る高さまでボットンを振り上げる。

 ――が、そこで唐突に動きを止めた。

 良心が働いた? いや、悪意の遠心分離器に掛けたら、空気しか残らない人だ。この間も遊びのないアルゼンチンバックブリーカーで、未来ある少女の背骨をへし折ろうとしていた。
 まさからしている?
 ひと思いに楽にするのではなく、死の恐怖を堪能させる気か!?
 慎重に慎重を喫しながら表情を探ってみると、彼女は珍しく真剣な顔をしていた。何かを探っているのか、細かく震える眉を眺めていると、触覚を動かすアリが改の頭をぎる。

「……んだ、この辛気臭ぇ音は?」
 怪訝そうに吐き捨てた彼女は、髪から耳を掘り出し、手を添える。
「フルート? ピッコロ? いや、もっと高ぇな♪ それに空気の震え方……金属にしては柔らかいし、木管にしては硬すぎる♪ 陶器か?」
「音ぉ?」と疑念丸出しの口調で聞き返し、改は首を傾げる。
 聴覚に意識を集中させても、改の耳には換気扇の回転音しか聞こえない。
 ついにご自慢の耳にまで、ホッピーの毒が回ったか?
 思わず心臓ボットンが確定の一言を吐きそうになった改は、慌てて口を押さえる。

 キィィィ!

 脈絡なく聞こえてきたのは高音。
 電車の急ブレーキに似たけたたましい音。

 悲鳴――音源はドアの外だ。

 改は即座にドアを蹴破り、個室の外に飛び出す。
 その瞬間、目に飛び込んできたのは、壁際に追いやられた中條と、彼に組み付く猫背の男。
 いや、「男」かは言い切れない。
 ボロきれをツギハギしたような灰色の外套がいとうで、全身を包み隠している。
 骨と皮ばかりの姿は、「餓鬼」とでも形容したところか。
 あばらの浮き出た胸とは真逆に、ぽっこりと膨らんだ腹。枯れ枝に皮を巻いたように痩せこけた四肢。人間とは逆に曲がった膝は、一見すると陸上競技用の義足を着けているかのようだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ