挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、海に行く

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

95/427

91 クマさん、クラーケンを倒す理由が出来る

 商業ギルドのギルドマスターも捕まり、首謀者は全員捕まった。
 全て終わった頃には日が沈み、夕食の時間になる。

「お帰り」

 デーガさんが出迎えてくれる。

「本当に盗賊を討伐してくるとは思わなかったぜ。これで近くの町まで買い出しに行ける。改めて礼を言う。ありがとうな」
「気にしないでいいよ。本当ならクラーケンをなんとかしてあげたいんだけど」
「アハハハ、流石にそれは無理だ。どんな子供だって知っているぞ。クラーケンがどんなに強いのか。俺達に出来ることはクラーケンが海域から出て行くのを祈るだけさ」
「ゴメンね」
「なんで、嬢ちゃんが謝るんだ。俺たちは盗賊だけでも討伐してくれて感謝しているんだ。それに最近出回っているウルフの肉や小麦粉も嬢ちゃんのおかげだろ」

 冒険者ギルドには内緒にしてもらったはずだけど。

「知っている者は知っているさ。でも、冒険者ギルドのギルドマスターから口止めされているんだよ。おまえさんが恥ずかしがりだから礼はいらないと」
「面倒なだけよ」

 本心の言葉を口に出す。
 夕飯を食べ、部屋に戻ろうとすると、デーガさんに呼び止められる。

「今朝約束した、今出来る最高の料理を作ってやるから、明日の昼に食堂に来てくれ。朝一で準備して作るからよ」
「いいの? 食材少ないんでしょう」
「構わない。俺が嬢ちゃんに出来る礼はこれぐらいしかないからな」
「分かった。楽しみにしておくよ」

 わたしは部屋に戻り、今日1日の疲れを落とすために、白クマの服に着替え、護衛としてくまゆるとくまきゅうをこぐま状態で召喚する。

 召喚するとくまきゅうの様子がおかしい。
 背中を向けてこちらを見ない。
 過去の経験から拗ねているらしい。
 そういえば今日は行きも戦闘も帰りもくまゆるだった。
 そのせいで拗ねている。
 構ってあげないと駄目だ。
 でも、今日は疲れて眠い。
 なので、今日はくまきゅうを抱いて寝ることにする。
 問題はくまきゅうと一緒に寝ることで、くまゆるが拗ねないかが心配だ。
 くまきゅうを無理やり抱きしめてふとんに潜り込む。
 疲れとくまきゅうの(ぬく)もりのおかげですぐに眠りに落ちていった。

 翌朝、起きるとくまきゅうの機嫌も直り、くまゆるも拗ねた様子もない。大丈夫のようだ。
 くまたちを戻し、黒クマの服に着替える。

 下に降りるとブリッツたちがいた。
 4人とも旅支度をしている。

「町を出るの?」
「すぐに戻って来るけどな」
「盗賊も居なくなったから、食料の買い出しに隣の町まで行くのよ。それでわたしたちが護衛をすることになったの」
「まあ、往復10日ぐらいだ。上手く行けば数日の短縮も出来るし、早く戻ってくるつもりだ」
「そうなんだ。そのときにわたしが居るか分からないから、言っておくね。今回はいろいろとありがとうね」
「それは違うよ。わたしたちこそ、ありがとうよ。ユナちゃんがいなかったら盗賊の討伐は出来なかった」

 今回はこのパーティーメンバーには精神的に助けられたと思っている。
 人生経験が少ないわたしには捕まっていた女性にかける言葉は思い付かなかったし、何も行動も出来なかった。盗賊は倒したけど、後の始末は全てブリッツたちに任せて、わたしは何もしていない。

「それじゃ、俺たちは行くよ」
「気を付けてね」

 ブリッツは手を挙げて返事をすると宿屋を出て行く。
 わたしも朝食を食べると外の空気を吸いに行く。

 町の中を歩くと少しだけ住人の顔が明るくなったように見える。
 町の人はわたしを見かけると軽く頭を下げてくれる。
 子供たちも駆け寄ってくる。
 わたしたちが盗賊を討伐したことは町中に広まっているようだ。

 冒険者ギルドに立ち寄るとアトラさんや職員が忙しそうにしている。
 話しによると商業ギルドで独占していた魚や食材は一時的に冒険者ギルドで管理することになった。
 アトラさんは大変そうだ。
 数日前にはアトラさんがギルドに一人でいたのが懐かしい。
 差し入れにプリンを渡しておく。
 疲れたときには甘いものが一番だからね。
 冒険者ギルドを出ると、初めて町に来たときに出会った商業ギルドのジェレーモさんに合う。

「嬢ちゃんか。今回はありがとうな」
「どうして、ここにいるの?」
「商業ギルドの仕事だよ。ギルドマスターを始め、その他にも捕まったからな。下っ端の俺に大量に仕事が回ってきたんだよ」
「そうなんだ」
「まあ、下っ端のおかげでギルドマスターの犯罪に巻き込まれなくてすんだけどな」

 商業ギルドマスターは黙秘を続けているらしい。
 盗賊に指示を出していたのは間違いなく、首謀者なのは確実だった。
 住人は処罰を求めたが、現在は保留状態になっている。
 捕らわれた女性の気持ちを考えると、すぐにでも処刑にしたかったが、ここがどこの国も属していない町であることと。さらに町長が逃げたことによって裁く人間が、いないことがこのような結果になっている。
 さらにアトラさんの仕事はザラッドを含む、犯罪者の取り調べだけではない。
 早急にしないといけない仕事が山積みになっている。
 盗賊がいなくなったことで漁業(釣り)が出来る場所が増え、魚を均等に配分、盗賊に殺され、財産を盗まれた物への保障。捕まっていた女性が受け取ることになっているが、全員が殺されているケースも多い。本来、盗賊を討伐をしたら、討伐したわたしたちが貰えるが、わたしたちはそれを辞退した。
 町の食料問題に当ててもらうことにしたのだ。
 わたしも含めブリッツたちも甘いとアトラさんに言われたが、お礼を言われた。
 ブリッツに言わせれば、何もしていないから貰えないと言っていた。
 昼過ぎに宿に戻ってくると美味しそうな匂いが漂ってくる。

「おお、戻ったか。そろそろ出来上がるから座って待っててくれ」

 座って待っていると、厨房から食欲をそそる匂いが運ばれてくる。
 席で待つこと数分、料理が運ばれてくる。
 そこにはこの世界で初めて見る食べ物で、わたしがよく知る食べ物だった。

「お米・・・・・・」
「なんだ、知っているのか」

 わたしの前にあるのは白いご飯じゃなかったけどお米だった。
 いろんな具材と炒めてあり、チャーハンに似ている。
 一口食べると懐かしさが滲み出てくる。
 お米だ。
 白くないけど、美味しい。
 そのチャーハンの横には海で捕れた焼き魚もある。

「その魚は今朝、息子が釣ってきた」

 その魚よりも、その隣にある瓶が気になる。
 まさか、瓶の中ある液体を魚に掛ける。
 少し黒い液体。
 魚を食べる。間違いなく醤油だった。
 チャーハンを食べ、醤油がかかった焼き魚を食べる。
 白いご飯が良かったが贅沢は言わない。

「嬢ちゃん。泣いているのか?」

 わたしは知らないうちに涙を流していた。

「デーガさんのお料理が美味しくて、涙が出たよ」

 泣いているのが恥ずかしくなり、涙を拭くと笑顔で答える。
 美味しいのは嘘ではないから。

「本当か?」
「うん、とっても美味しいよ」
「そう言って貰えるのは嬉しいが、無理をしているんじゃないよな?」

 不味いから無理やり食べていると思ったのだろうか。

「うん、これ、わたしの国の故郷の味なんだ。もう、食べられないと思っていたから。嬉しくて」
「これが故郷の味って、もしかして、和の国の出身なのか?」
「和の国?」
「違うのか?」
「違うよ。もっと遠くで二度と行けないぐらい遠くの場所」
「そんな遠くから来たのか。寂しく無いのか?」
「たまに故郷が懐かしくなるけど、ここも楽しいからね。でも、こうやって故郷の味が出ると嬉しくてね」
「そうか、本当ならもっと作ってやりたいんだが、在庫が無くてな。クラーケンが出る前だったら和の国から月に一度、船で運ばれて来るんだが」
「クラーケンか・・・・・」

 倒す方法無いかな?
 わたしはデーガさんにお礼を言って宿屋を出る。
 そのまま海岸まで歩いて行く。
 広がる海。
 その先の大陸にはお米、醤油がある。もしかすると味噌もあるかもしれない。
 どうしてもお米が欲しい。
 クラーケンか。
 戦闘方法は限られている。
 大型船を使ってそれが沈む前に倒す方法。答え、そんな船はこの町には存在しない。
 空を飛んで上空から倒す。答え、飛べない。
 次に実験をするために砂浜に行き、海を凍らせてみる。
 凍るけど、波が覆い被さってくる。もし、戦闘になったら、クラーケンは暴れるだろうし、そうなれば、海は荒れて、波は数mにも10mを越えるかもしれない。氷も割られると、戦う状況じゃなくなる。
 それに氷の厚みも必要になるだろうし、足元を気にしながら戦うことはできない。
 これが湖だったら出来る可能性もあるんだけど。

 あとは、空気の玉の中に入って海に潜る?
 試しに作ってみる。
 そして、海の中に入ってみる。
 普通に海に潜れた。
 でも、これってクラーケンの攻撃を喰らったらお仕舞いだよね。
 それに、この玉の中から攻撃出来るの?
 割れたら終了だ。
 酸素の問題もある。
 いろいろ考えると、この方法も現状では無理だ。

 あとはクマたちに乗って戦う?
 くまゆるとくまきゅうを召喚する。

「ふたりとも、泳げる?」

 くまたちは海に入ると普通に泳ぎ出す。
 泳げるんだ。
 まあ、北極クマとか泳いでいるもんね。
 問題があるとすれば、わたしが海で泳いだことが無いことだ。それ以前に最後に泳いだの何年前?
 思い出してみると最後に泳いだのは小学校の授業のプールが最後だ。
 クマから落ちたら間違いなく死ぬね。
 でも、クマに乗っている間は寝てても落ちないから落ちることは無いのかな。
 ただ、跨いで乗るから間違いなく下半身濡れるね。戦いになれば、間違いなく全身が濡れることになる。
 それに海の底に潜られたら何も出来ないのは変わらない。
 この案は保留にしておこう。

 うーん、倒す方法が見つからない。
 あと、海で戦う物語あったかな?
 本当は水の中でも息が出来るのが最高なんだけど。無い物ねだりをしても仕方ない。
 それじゃ、モーゼのように海を割る? いや、無理だから。それに逃げられたら追いかけることが出来ない。
 それ以前に出来ないだろうし。

 ・・・・・・・・・・・・駄目。
 ・・・・・・・・・・没。
 ・・・・・・・・却下。
 ・・・・・・断る。
 ・・・・嫌だ。
 ・・無理。

 そして、一つの考えが思い浮かぶ。
 うん、この方法でやってみるかな。
 失敗しても痛くも痒くもない。
 成功すれば戦えることが出来る。
 駄目だったらくまゆるたちに乗って戦うかな。
戦う理由がお米と醤油ですw
それで、本気でクラーケンを倒す方法を考えるユナですw

倒す方法はかなり絞られたと思います。
その答えがわかった方は心に留めておいてください。お願いします。
ユナらしく、クマチートらしく、倒す予定になっていますので。

では、次回もよろしくお願いします。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ