挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
くま クマ 熊 ベアー 作者:くまなの

クマさん、誕生日会に参加する

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

178/428

174 クマさん、グランさんに報告する

 少し早めにグランさんのお屋敷に戻ってくると、メーシュンさんが出迎えてくれる。

「お帰りなさいませ。でも、お早くありませんか?」
「ちょっとトラブルがあってね」

 メーシュンさんがわたしの姿をジッと見つめる。
 わたしが原因じゃないよ。
 気付かれた原因はあったかもしれないけど。

「サルバート家のランドルってムカつくバカに出会ってね。それで、早めに戻ってきたの」

 本当はもう少し見回りたかったけど今日は仕方ない。
 わたしのことを笑顔で見ていたメーシュンさんの顔から笑みが消える。

「ランドル様ですか。なにもされませんでしたか?」
「ミサに暴言を吐いたぐらいかな」

 メーシュンさんはわたしの言葉に反応して、すぐにミサの方を見る

「ミサーナ様、大丈夫でしたか?」
「ユナお姉ちゃんが守ってくれたから」
「そうですか。ユナさん、ミサーナ様を守って下さってありがとうございます」

 頭を深く下げるメーシュンさん。

「サルバート家と仲が悪いの?」
「はい、ここの数年も悪かったのですが、最近ではさらに酷くなってます。特にランドル様のミサーナ様に対しての暴言は聞きます」
「抗議はしていないの?」
「しているようですが、あまり効果はないみたいです。前は息子には注意する。息子を叱った。でしたが、最近では子供同士の喧嘩に親が口をだすなと言われたそうです」

 虐めている側と虐められる側の考え方の相違だね。

「それじゃ、一応グランさんに報告をした方がいいかな?」
「はい、した方がよろしいとかと思います。現状だと抗議しても効果はないと思いますが、グラン様なら何かしら対応をしてくれると思います」
「今、グランさんに会えるかな?」
「う~ん、ミサーナ様の件ですから、大丈夫だと思いますが。今はクリフ様と大事な話があるから、部屋には近寄らないように言われています」

 それじゃ、とりあえず行ってみて、ダメだったら後で良いかな。
 グランさんに会いに行くからミサたちには先に部屋に戻ってもらうことにする。

「わたしも行きます」
「わたしだけでいいよ。3人は久しぶりに会ったんだから、遊んでいるといいよ」

 3人を説得して、わたしはメーシュンさんと一緒にグランさんのところに向かう。

「こちらの部屋にお二人はいます」
「ありがとうね」

 わたしはドアをノックする。
 中から返事が聞こえたのでドアを開けて中に入る。

「失礼するね」
「ユナ?」

 クリフとグランさんが驚いたようにわたしを見る。
 2人はテーブルの上に資料みたいな物を並べて話会っている。

「どうかしたのか?」
「ミサのことで報告しにきただけだよ。あとでも良いかと思ったけど早い方がいいかと思って」
「何かあったのか?」
「サルバード家のランドルってバカに会った」

 その一言で2人の表情が変わる。

「大丈夫だったか?」
「みんな、怪我1つないよ。罵倒されただけ」

 それだけでも、子供には辛いはず。

「またか」

 グランさんは忌々しそうに呟く。

「軽く話は聞いたけど。そんなに仲が悪いの?」
「悪い。最近は特に悪い。嫌がらせが始まったのは数年前じゃな。初めは些細なことだったから、誰がしているかさえも分からなかった。だから、気にも止めなかったんじゃが、最近では隠そうともせずに、嫌がらせをし始めてな。ミサに対する嫌がらせも、その1つだ。わしがそのことについて、抗議しても怪我をしたわけじゃない。子供同士の喧嘩に親が口を出すことない。と言い出す有り様じゃ」

 グランさんは悔しそうに言う。
 言葉の暴力は心に傷を付けるってことを知らないのかな。
 人によっては立ち直れない場合もあるし、自殺するものだっている。

「話を聞く限りだと、グランさんも嫌がらせを受けているの?」

 話が長くなりそうなので、クマボックスから3人分の飲み物を出す。
 2人は素直に出された飲み物を飲んでくれる。

「商業ギルドのギルマスが入れ代わって、サルバート家の息が掛かった者に代わった」
「抗議は?」
「したが、証拠を出せと言われた」
「でも、どうしてギルマスがサルバート家の息が掛かっているってわかったの?」
「それは、商人がサルバート家寄りが多いからだ」

 黙って聞いていたクリフが口を挟む。

「品物もサルバート家が納める地区に優先的に納められる。そうなると必然的にサルバート地区で品物を買わないといけなくなる」
「そうなると、わしの地区の税収は減ることになる」
「商業ギルドに抗議は?」
「商人がどこに商品を売るかは商人の自由だと言われた」
「住人は少し離れたお店で購入するはめになるが、購入が出来ないわけじゃない」
「困っているのはファーレングラム地区にある商売をしている者たちだな。中にはサルバード地区に引っ越す者もいる」
「ギルマスの力ってそんなにあるんだ」
「力って言うよりは買収だろうな。こっちの店に卸せば、高く買うみたいな」
「商人にしてみれば、少しでも高く買ってくれる場所に卸すからな」
「売りたくない相手に売らせないて最低だね」

 わたしのその言葉にクリフが予想外の反応する。

「ユナ、おまえ。俺にしたことを覚えていないのか?」

 呆れ顔で言われる。
 クリフになにかしたっけ? 記憶に無いんだけど。
 わたしはクリフの言葉の意味が解らず首を傾げる。

「こいつ。本気で忘れていやがるよ。おまえさん、ミレーヌに頼んで俺に卵を売らせなかったことを忘れたのか?」

 わたしはクマさんパペットをポンと叩く。
 ああ、そんなこともあったね。
 確か、クリフが孤児院の補助金を打ち切ったと思って、そんなことをしたっけ。
 うん、思い出したよ。そんな昔のこと、未だに覚えているってクリフは心が狭いね。
 そもそも、クリフがしっかりしていれば、あんなことは起きなかったんだから、わたしのせいじゃないよ。
 でも、クリフが言いたいことは分かった。ギルマスと友好的になれば、いろいろと融通が聞くってことか。

「ユナが俺にしたことと同じことだ。もっともこっち方が規模が大きくて質が悪いがな」
「さらに、この街の有力者たちもサルバート家に寄り始めて、わしが治める地区は品不足になりつつある。それで、クリフに相談していた」
「グラン爺さんも早く、俺に相談をしてくれればいいのに」

 話し合いって、そのことだったんだね。

「すまん。おまえさんに迷惑をかけたくなかったからな」
「それが、今の状況になったんだろう」
「まさか、ここまで、本格的に潰しに掛かって来るとは思わなかった」

 若いクリフに頭を下げるグランさん。

「潰すって、貴族が潰れるの?」
「そりゃ、収入が無くなれば、貴族だって潰れるよ。国王から領土を没収され、他の者に譲り渡される」
「それが、サルバート家になるのは濃厚だな。税収などの報告書だけを見れば優秀な領主だからな」

 確かに税収が増えているなら、書類上はサルバード家は優秀になるわけだ。
 書類にはどんな悪事をして税収を増やしたなんて書いていないのだから。

「とにかく、その対策の話でグランさんと俺は話合っていたんだ。当面は俺の街から物資を送るが、商業ギルドを押さえられているのが痛いな」
「だから、今回のパーティーは大商人や富豪を呼ぶから絶対に成功させないとならん。このままの状態で息子に受け継がせるわけにはいかない」
「少しでもこちらに引き込んで対抗しないといけないからな」
「こちらの陣営が多いと知れば、ギルマスも黙っていられんはずじゃ」

 パーティーにはそんな理由もあったんだね。
 どうやらミサとランドルの関係は子供同士の喧嘩以上の争いがあるみたいだ。
 ランドルにしてみれば領土を奪い取る相手ってことか。さらにあの口振りからすると勝った気でいる。ミサをメイドにしてやるって。ミサが路頭に迷ったらわたしが面倒を見る。あんな、バカには渡さない。
 一番良いのは、グランさんがサルバート家との戦いに勝てればいいんだけど。今は劣勢みたいだ。
 でも、今後はクリフも力を貸すようだから大丈夫かな?

 わたしに出来ることがあれば手伝うけど。貴族同士の争いではわたしの出番はない。
 せめて、戦いがあれば手伝うんだけど。内政の戦いだとわたしの役目はない。
 今のわたしにできることはミサたちを守ることぐらいかな。
 話も終わり、席を外そうとしたら、廊下が騒がしくなり、ノックもせずにドアが開くとメーシュンさんが駆け込んで来た。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ