挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイムトリッパ 作者:亜牙憲志

第1部

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

21/48

ひらめき!

第二十話 ひらめき!

 この異世界は、ファンタジーゲームの世界、リアルゲームワールドだった。
 異世界にも様々な形態があり、物語の中であったり、現実世界と変わらないパラレルワールド、過去や未来の違う時間、異次元に遠い惑星などと幾つもの可能性がある。
 カピの転生したこの異世界はゲームの法則が支配する世界なのだ。

 次に、ゲームと一口に言ってもこれまた色々あるが、RPG、ロールプレイングゲームと呼ばれるカテゴリーに当たる。現実とは違う想像世界を舞台にして、そこに生きるキャラクターなどの役割を演じ楽しむゲーム。

 (その中でも限定するなら、JRPG系に違いない)カピはそう思った。
 ジャパニーズRPG、日本独特のカルチャーが詰まったユニークなビデオゲームの一ジャンルだ。

 カピが日本人であったがために、そう感じたのかもしれないが、手に入れた取扱説明書と、この世界で肌で感じてきた雰囲気が直感させた。この事で、この小さな差異が分かった所で、今後のサバイバルに何か影響があるのだろうか? きっと何も変わらないだろう。しかし……

 (知らぬ神より知る神のほうが祈りやすい)

 閉じた説明書を手に持ったまま、そんな確信をカピは心に抱いた。

 (さて…色々考えることあるけど……)

 カピの手が輝きだす。取扱説明書が光を放ちながら薄く消えて行ってるのだ。目覚めたベッドで見つけた、この説明書を見つけるきっかけとなったメモと同じように。

 「!?」(ああっ! 待て! まだちゃんと読んでない! まずい消えるな~)

 カピは焦った。動揺する、わずかな時間が過ぎた時、それは起きた。

 ピカッ!
 文字通り、頭の中で光が灯り――ひらめく!

 「開けマニュアル」――トリセツをいつでも確認できる魔法。


 カピは狐につままれたように、周りの冒険者仲間を見つめる。ルシフィス、プリンシア、ロック。

 「ひらめいた……」カピは言った。

 皆「ああ~なるほど」と納得の顔で肯く様子。冒険者としてスキルや魔法を「ひらめく」事は経験済みの、言うなれば当たり前の事なのだ。


 冒険者ユニオンに登録したものは、冒険者となり、クラスを持つことになる。そして個人の潜在能力、学習や修行といった努力、師匠などからの教えによる学び、生き様や戦闘における発見等等、色々な場面で条件を満たしたとき、新しいスキルや魔法を覚醒するのである。

 冒険者でないものは、例え才が十分あってもスキルを覚醒することは無い。一例を挙げるなら、気配探索スキルを持てば、気、オーラと言うものを察知し、明確にナニモノかを探ることが出来る。しかしスキルを持てない者、一般者であったなら、ただ何と無く誰かが居る様な気がする、といった程度の鋭い感覚の持ち主で終わってしまう事になるのだ。


 「開けマニュアル」カピは魔法を唱えた。

 目の前に鮮明なホログラフ、立体スクリーンの様に説明書が現れた。

 「おぉ~」カピは初魔法に感動する。キョロキョロとみんなを見てみるが、この映像は自分だけしか見えていないようだ。――と説明書が消えた。

  (なるほど、僕の集中が外れると、消えるのか)

 再度、魔法を唱え、映像を出す。自由自在に中身が見られる!
 (これはいい、確かに…魔法らしい凄い魔法ではないけど……慣れればプロンプターって言ったっけ? あれっぽく使え、基本情報をチェックしながら対応できそうだぞ)


 しばらくほったらかし状態のパーティのメンバーがそろそろ痺れを切らしだした。

 執事のルシフィスが好奇心に満ち満ちて尋ねる
 「カピ様…それは、その書は一体なんだったのですか?」

 メイド長でストライカーのプリンシアも
 「お坊ちゃま! なんかひらめいたんだね! 新しい魔法かい? それともスキルだったの? さっきのは凄いスキルを覚える本だったんだろぉ」

 「いや~そんなたいしたものじゃ」
 彼らの期待に困ってしまうカピ。改めて全てを話す訳にもいかない。
(実際、単に説明書を見るだけの魔法だもんなぁ~どうしよう)


 「そうそう! 聖書、バイブルみたいなもの。う~ん経典みたいな……まあ、カピバラ家の領主として、まだまだ未熟な僕に、基本的な教えを伝えたかった? いわば家訓を説いたってことかなぁ……初心忘るべからず!」

 カピの言葉を受けて、マイスターのロックが微笑む
 「それで、いつでもその書を見る魔法を覚えたというわけかの? えらいお堅く奇妙な魔法じゃな……カピバラ家らしいというべきか、フフフッ」

 何とか納得できる答えを出せたようだと、カピも安心して話をあわせる
 「まあ~あまり役に立ちそうに無いよね」

 しかし目を輝かせる執事のルシフィスの受け止めは違っていた。

 「カピ様! その様な事はありません。カピバラ家の素晴らしい思想。きっと奥深い考えにより生み出された魔法です。古今東西この世に数多ある魔法、しかし! 何処にその様な特殊な魔法がありましょうぞ、素晴らしい。ぜひ今度わたくしにも教えを説いてくださいませ」

 「そ、そう? そんな教えるほどのことは載ってないみたいよ、愛が大切、勇気を持てとか、正直にとか……そんな当たり前の事ばっかりだったけど……まあ、今度機会があったら…読んでみても良いけど――」

 執事の言葉に、他の二人もなんだか凄い魔法ではと勘違い仕出しているようだ。

「やっぱり! さすがお坊ちゃまだねぇ、特殊魔法の使い手かぁ~かっこいいわぁ」

「強いて分類すれば、記憶魔法か……俺も図書室の資料を暗記できたら楽かものぉ……最近、歳のせいか忘れっぽくていかん、うむ~深く考えれば確かに凄い魔法じゃ!」


 (なんか変な方向に持ち上げられてるな)
 カピは照れ臭く思いながら考えていた。

 黒い箱探しクエストで得た収穫は薄っぺらな只の取扱説明書。
 全くたいしたこと無いもの。

 (だけどこれは…これを手にしたという事は、とっても重要な武器となるんじゃないか?)

 この世界がゲームの理論に基づくことを知っている。これこそ最大のアドバンテージ。異世界の住人達との決定的な差だ。ほとんどのNPC、ノンプレイヤーキャラクターには知りえない真実が書かれている書なのだ。

 (取扱説明書の存在を、メッセージ主が渡すことを迷った、又は如何するかをプレイヤーの僕に委ねたのは、手品の種明かしみたいで興醒めを避けるためだろうか?)

 トリックの分からない手品は魔術の様に驚き楽しめる。逆にタネが分かって観るマジック、タネを見抜いて観るそれは、また違った角度からの眺めで興味深いものにもなる。今まさにカピは後者の観覧者になった。

 (僕がゲームプレイヤーとして優位だと考えるには、もちろん、重大な一点が抜けている、でも取り合えずこの点については、しばらく棚上げにしておこう……)


 「おい、坊ちゃん。まだ箱に何かあるぞ」ロックの言葉がカピの思考を止めた。

 トリセツに夢中になり、箱の底に残ったものに気がつかなかった。

 「なんだろう? これ」

 それは一目見ただけでは、皆目見当つかない代物だった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ