挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
アイムトリッパ 作者:亜牙憲志

第1部

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/48

箱の中身は何でしょう?

第十九話 箱の中身は何でしょう?

 黒い箱に収まっていた物。
 「ピンチの時に開けなさい」なんて、天のお告げ的なメッセージに期待して……何より先にと取りに来た黒い箱。

 中にあったのは金銀財宝の類、キラキラの宝石でもなく、ザクザクの金貨でもない。
 すごい効能の魔法の秘薬でも、最強の装備アクセサリー……でもない。


 ただの薄っぺらな本だった。
 (いや、これを本と言ってしまうと本に悪い、パンフレットだ)


 「これは…なんですか? カピ様」
 すっかり押し黙った主人の隣で、少し興味深げに執事はつぶやく。

 ちょいっとジャンプして中を覗き込むメイドのプリンシアが

 「なんだい? 手紙かい? あたしはてっきり指輪とかジュエリーが入ってるのかと思ったよ」落胆してるカピと歩調を合わせるように残念そう。

 「手紙じゃ無さそうだなぁ? 紙が綴じてある。なんか表に文字が書いてあるぞ……読めねぇな、ルシフィス? あんたならどうじゃ?」

 この中では、こういった物に一番造詣があるマイスターのロックも見当がつかず、執事に尋ねる。

 「……わたくしも読めませんね…申し訳ない。見たこと無い文字です。古代の魔道書でしょうか」長生きな故、物知りなハーフエルフの執事ルシフィスも首を捻る。


 期待はずれの中身と――

 今目の前に突き付けられた、ある決定的な証拠に、言葉が喉から出てこなかったカピが……やっと一言。


 「トリセツ」

 周りの皆、その言葉の意味が分からずカピを見つめる。
 「鳥がどうしたっての? お坊ちゃま」プリンシアはキョトンとしてる。

 「トリ…セツ……取扱説明書」カピは、ぼそりつぶやく。

 主人のその言葉に感服する、ルシフィスとロック
 「おいっ坊ちゃん、この文字が…読めるのかね……ほぉ~王都の大学も捨てたモンじゃねぇなこりゃ……」


 手のひらサイズの小冊子。表紙は羊皮紙の古書風にデザインされた印刷。中央に『取扱説明書』と漢字で印字されている。

 おもむろに説明書を手に取るカピ。薄い、30ページほどしかない。
(も、もしこれが、僕をだますギミックではないのなら……この世界は……)

 ページをめくる。表紙の裏に他より数ポイント小さな文字で書いてある。

 「このたびはミックスマックスラボ、コンピュータ用カセット『ブルーオーシャンV・光の旅路その果て』をお買い上げいただきまして、誠にありがとうございました。ご使用の際にこの『取扱説明書』をお読みいただき、より楽しくプレーしていただければ幸いです。なお、この『取扱説明書』は大切に保管されます。」

 「冗談!」思わずカピの口から言葉が飛び出る。


 黒い箱に眠っていた、謎の文字の書に一心不乱で見入る主人を、こちらもまた熱心に一言もしゃべらず見守る仲間達。


 カピは一ページ目に目を移す。『はじめに』と記された章のようだ。
 墓標に彫られている、厳かなテキストの様にこう書かれていた。

 「これは世界を再構築する物語

  あなたは自由な旅人

 旅が終わるのは以下の場合

 ゲームオーバー条件を満たす

 1.あなたの死亡
 2.あなたの家の滅亡

 ゲームクリア条件を満たす

 物語のエンディングを迎える」


 カピの中で決定付けられた。揺るぎ得ない確信になった。
 今までうすうす思っていたことではあったが……


 次のページをめくる。『オープニングユアストーリー』
 一瞬カピの目がちかちかした。

 「2頭立ての4輪馬車に揺られながら、窓の外に流れる景色を眺めている青年。急な生活環境の変化へ戸惑いながらも、どこか懐かしい目的地に思いを馳せた。

 青年の名は『カピ』、先日まで王都のしがない大学生であった。その彼が、片田舎の『カピバラ』家の新領主となるために急遽呼び戻されたのだ。

 マックス・『カピバラ』伯爵が行方不明になり早5年。世間ではもう、あの偉大な老英雄も死んでしまったと囁かれている。その伯爵の孫に当たるのが青年『カピ』、両親とも幼き頃に亡くし、以来一人で孤独に生きてきた。かような家系とは露知らず、一通の手紙が届くまでは――――」

 文章を読みながら、カピの頭にフラッシュバックの様に映像が浮かぶ
(こ、これが僕の…カピの生い立ち、目覚める前の出来事なのか)


 少し脳に負荷が掛かりすぎたか、カピはクラッと来てしまった。仕方なくパラパラとページをめくり、斜め読みに切り替える。

 この世界の成り立ち、経済、文化、種族などの基礎情報。登場人物紹介、カピバラ家のみんな、マックスの事、その他の著名な主要人物。周辺の略式地図。屋敷の見取り図。

 (なるほど、この辺りの基本的な事を知ってれば、これからはもう奇妙な、非常識な質問をしなくてすみそうだな……ん? こ、これは!)

 次のページはステータス解説、つまりキャラクター能力の有り様の説明だった。

 その先には、冒険者ユニオンの解説。主要なクラスの紹介がされている。カピが以前に聞いた事が大体載っている。後は一般的によく知られているスキルや魔法、アイテム紹介の項目が続く。魔法のスクロールなどが興味深い。

 ページも、もう残り少ないが、村や町の施設紹介が続き、そして色々な武器の解説が載っていた。これは普通知らない名詞も多いので役に立つであろう。

 最後のページは……


 「何これ! 出たよっ」カピは反射的につぶやいてしまう。

 上段センターに『メモ』と書かれ一面空白だった。

 (あ~何も書く事がなくなって、面倒くさくてページが余った時にやる、でました、メモ蘭だ! おいおい~せめてココは攻略のヒントとかでしょ)


 カピは目を閉じ、説明書を閉じた。

 軽く深呼吸を一度して、仲間達の顔を順に見る。


 ついに判明した。
 この世界はゲームワールドだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ