挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
賽ノ地黄泉抄(裏コラボ侍) 作者:猫乃 鈴
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/15

第十四話

 雨があまりに酷い日は、俺も少し気が滅入る。小鳥も空を飛ぼうとしない。
「おはよ。今日も雨だよ。おれ、そろそろどこか腐っちゃうんじゃないかと思うんだけど」
 俺は仲良くなった小鳥が、雨宿りをしている高い木の中ほどにある穴を覗き込んだ。
 自分で食べるために取ってきた木の実を少し分けてやると喜んで突っつく。食べ終えると小鳥は穴から出てきて俺の肩に乗り、首元に柔らかな頭をすり寄せた。
 うへへへ。くすぐったい。
 居待に刻まれた首の傷は、最初に付けられたものならもう、かさぶたも剥がれて治っている。しかしその後も、何度となくあの爪は俺の首を引っ掻いた。
 昨日つけられたばかりの傷はまだ、少し腫れててジクジク痛む。
「稽古だからといって、命を取らないと思ったら大間違いでしてよ」
 そういって俺の首を抉った爪はいつもより深かった。
 分かっている。分かってはいるつもりなんだけどさ。首についた傷の数だけ、俺はホントは死んでるってこと。
 俺、もう何回死んだかな……。
 それでも捨て身で飛び込まないと、居待を捉えるなんてできそうにないから。それに相手を追いかけている時に、自分の心配とかまで気が回らない。
 俺が死ぬ心配なら青ちゃんがしてくれてたから、俺は俺の心配なんかしなくて良かった。俺の背中は青ちゃんに預け、青ちゃんの背中は俺が預かる。
 俺は青ちゃんがいなくても大丈夫なくらいに強くなりたい。
 なりたい……けど、俺、やっぱり青ちゃんがいた方がいいなぁ。


 小鳥がピィと高い声を上げハッとする。
 振り向いた俺に向かって飛んできたのは居待の簪――ではなく槍だった。
 ただし緋狐と狸休を率いていた、あの緑の髪をした女のものではない。別の盗賊狩りだ。
 本当に次から次によく来る。青ちゃんじゃないけど、こうも続くとさすがに面倒っちい。

 俺は小鳥とさよならすると、木に刺さった槍を足場に別の木へと飛び移った。
「どちらへ行かれるのです? 剣の稽古にはちょうどいいでしょうに」
 盗賊狩りから逃げようとした俺を咎めるように、居待が目の前に現れる。相変わらず気配をまったく感じなかった。
 だけど俺は突然現れたその姿に、足を止めることなくむしろ速めた。
 飛び込むように居待に向かって枝を蹴り、空中で背中の刀を抜いた勢いそのままに切りつけた。
 ひらりと舞うつつじの花色。俺の刀は居待を捉えられず空を切る。だけど俺は勢い良く振り下ろした刀の動きをその場で殺し、俺の右側に移った居待を追って刀の向きを直角に変えた。
 目一杯に伸ばした右腕だけで横に振り切る刀に、ほんの少し何かが触れた感覚がある。
「まあ酷い。この着物は私のお気に入りですのに」
 身を翻して居待に向き直ると、居待が着物の裾を指先で摘んでそう言った。そこには俺の刀が触れたらしい切れ目。
 やった!
 これはきっと、立待に言われてやっていた稽古の成果。
 しかし喜ぶ間もなく、居待からの反撃が始まる。首を狙う、あの爪をのけぞるように何とか避けたが、そのせいで足元の枝を踏み外す。
 このまま、ただで落ちてやるもんか。
 崩れた体制から、がむしゃらに手を伸ばし居待の袖を掴みにかかる。爪の先が袖に掛かったと思ったとき、残念ながら俺の手は居待に弾かれ、俺はやっぱり一人で地面に落ちることになった。
「……やはりあなた方の身体能力は、文字通り“人並み外れた”というところでしょうか」
 またも背中を打った痛さで、濡れた地面をゴロゴロしている俺を見ながら、居待はそんなことを言う。
 あなた方……というのは、俺と誰の事を言っているのか。普通なら青ちゃんのことだと思うけど、居待の口調は何かもっと別の意味もあるように聞こえる。
「いずれ、分かるときがきますわ」
 俺が考えてることなんてお見通しというように言うと、居待は姿を消した。


◆◆◆◆◆


 その日、木の洞から顔を出すと雨が降っていなかった。
 青ちゃんと別々になってから、もう両手両足の指の数ほど、朝と夜が過ぎた頃だった。
 綺麗な青空とはいかないまでも、やっぱり歩き回るときにおでこを叩く雨の雫がないのは気分がいい。
 せっかく雨が止んだのに、この日は小鳥の姿が見えない。白くて重たそうな霧が木々の間をゆっくりと流れている。
 ……静かだ。
 少し静かすぎるんじゃないかってくらい。
 でもそう思ったのも一瞬だった。後ろから飛んでくる鋭い気配に、俺はまだぬかるんだ地面を蹴った。俺がいたところに突き刺さる見覚えのある小さな刀。
「この前はよくも川に落としてくれたやんか! かくごしい!」
 狸休だ。
「お前もおれを川に落としたんだから、おあいこだ! それに団子に釣られたお前が悪いんじゃないか」
「せやかて団子が食いたかったんやあ!」
 それを聞いて俺は、次に背中から振り下ろされてきた大槌を避けながら言った。
「緋狐ー。緋狐は狸休を頭いいって言ったけど、こいつもあんまリ頭よくないよ」
 俺の後ろに現れた緋狐は、眉間に皺を寄せながら大槌を肩に背負い直し首を傾げる。
「……そんなことねぇだろ。こいつは生まれたときから人間のとこにいたんだ。こいつ字も書けるんだぜ。しかも漢字」
「おれだって、自分の名前くらい漢字で書けるもんね」
「へえ、お前の名前どう書くん?」
 狸休の言葉に俺は辺りを見回すと、落ちていた小枝を手にしてしゃがみ込んだ。降り続いた雨のせいで柔らかくなっている地面に、枝を突きたて文字を書く。
「えっとね、ハチは数字の八でしょ、ヤはね、左側に耳を書いてー、こっちはにょろにょろーって。はい、これで『耶八やはち』って読むんだ」
「ふうん。……ん、耶八? お前そう呼ばれてなかったやん」
「うん。青ちゃんはでこぱちって呼ぶし、きさらや玖音はハチって呼ぶんだ」
「へえー」
 しゃがみ込んだ俺の上から俺の名前を覗き込む二匹。俺はしゃがみ込んだまま、後ろにいる二匹を見上げた。
「『ひこ』はどう書くの」
「俺のは、元々は“狐にあらず”って意味だったんだけどな」
 何それ、なんかちょっとカッコいい。
 すると狸休が俺の横に同じようにしゃがみ込んで、俺の手から小枝を奪った。
「今はちゃうねん。赤って意味の緋色の緋やねん。こう書くんや」
「へえー。じゃあ“りきゅう”はこう?」
「それどんな字やねん。俺のは――こうや」
「青ちゃんの青はこう書くんだよ」
「それくらい知ってるわ」
 小枝を取られては取り返して、地面に文字を書き合う。
「じゃあ、狸休も字が書けて、おれも書けるから、一番馬鹿なのは緋狐だね」
「なんだと、このチビ」
 ふいに緋狐が泥の塊を投げつけてきて、俺のほっぺたに当たる。
「なにすんだよ!」
 もちろん俺はやり返す。けど、投げた泥は上手く飛ばずに、緋狐の手前にいた狸休に当たった。
「あ」
「うわっ、何してんや。へたくそ!」
「狸休には泥団子で十分だ」
「なんやと!」
 狸休が泥をかき集めて投げ返してきた。
「おい狸休、なんで俺に当てんだよ!」
「あかん、失敗した。緋狐、堪忍!」
「堪忍じゃねぇよ!」
 いつの間にか始まった泥団子合戦。もはや相手が誰か関係ない。なんだかちょっと楽しい。
「やーい。当たらなかった」
「阿呆ぅ。今からこの特大泥団子をお見舞いしたるわ!!」
 そのときだ、泥団子を抱えていた緋狐と狸休の頭にゴスと槍の柄が続けざまに振り降ろされた。
「阿呆はお前らだ。何を呑気に遊んでいる!」
「あ、青ちゃんにやられた奴だ」
 あの女盗賊が眉間にものすごい皺を寄せながら俺たちを睨んでいた。いつも通り、分かりやすい殺気をこれでもかと垂れ流している。
「黙れ! お前もあいつも、すぐにこの手で地獄へ送ってやる」
 わあ、しつこい。だからあの時、っちゃっておけば良かったのに。
「俺と青ちゃんが何したって言うんだよ! お前らだって本当は羅刹狩りだったくせに! 羅刹が狩れなくなったからって、政府のえらい奴から命令されたからって、なんでそんなにおれたちばっか狙うんだよ!!」
「ば、馬鹿者っ、あまり大きな声を出すな。今日は羅刹検分の日なのだぞっ」
 あれ、それ何だっけ? どっかで聞いたことがあった気がするけど……。
「私とて、この賽ノ地に憎き羅刹族がはびこり始めた今日こんにち、お前らなんぞの相手など馬鹿馬鹿しくてやっておれん。しかし景元様に御仕えする我ら烏組。これがあの方のお考えならば従うまで」
 憎き羅刹族……こいつも羅刹に何かされたのかな……。でも、俺はその景元様なんて奴も、そいつが何考えてるかなんてのも知らないし、従う気にもならない。
「お前なんかに、やられないもんね」
 俺は右手に握っていた枝の先を、もう片方の手の指で摘んでしならせて、弾くように女盗賊に向かって投げた。
 別に狙っていたわけじゃなかったんだけど、枝は思っていた以上に勢いよく飛んで、女の顔にビタンと当たった。
 結構、痛そうかも。
「……こ、の……糞餓鬼がっ!!」
 大きな声を出すなと言っておきながら、人一倍大きな声を張り上げる女に、俺はすたこら逃げ出した。
「待て、それ以上奥へ入るな! 緋狐、狸休、奴を止めろ!」
 止められるもんなら止めてみろ。
 何日も居待や盗賊狩りに追いかけられ走り回った東山は、もう庭みたいなもんだ。もう少し行けばちょっと開けたところへ出るはず。そこなら、この三人をまとめて相手するのにちょうどいい。
 俺は一歩大きく地面を蹴ると、藪から外へと飛び出した。

「あ、青ちゃん」

 思わずそう声が出た。
 藪の外、木々の中から抜け出た俺が真っ先に目にしたのは、山の中では珍しいあの赤と青の色だった。
 そこには青ちゃんがいた。 
 ずっと俺を無視していた青ちゃんだけど、やっぱり俺は久々に会う青ちゃんに、嬉しくてついつい顔がにやける。
 ただし、走り続けてきた足はすぐには止まらなくって、俺は青ちゃんを通り過ぎてしまった。するとそこに、何だか見覚えのあるデカい図体が立ち塞がっている。
 青ちゃんに大怪我をさせたつぎという羅刹だ。きさらを狙った細い目をしたはぎもいる。それに……『アレ』が斬ったはずの瑠璃色るりいろの着物を着た羅刹、弾次だんじもいた。
 回れ右。
 そのまま、青ちゃんの所まで戻る。うん、やっぱり青ちゃんの隣はいい。
 でも、しまった。まさかここに青ちゃんと羅刹が一緒にいるなんて思っていなかった。
「あちゃあ……どうしよ」
「どうしようもこうしようも、見ての通りだ」
「あのさあ、実はさ、おれも」
 俺が青ちゃんに説明しようとしたときだ。
「待ちやがれ、このチビ!」
「待っちやがれぇ」
「無暗に追うな! 羅刹どもに見つかったら、今度こそ烏之助うのすけさまに殺され……る……」
 俺を追いかけて緋狐と狸休、盗賊狩りの女が姿を見せた。まあ、説明するより早いからいいか。
 烏組の連中を見た青ちゃんの表情はというと、呆れたような馬鹿にしたような、そんな顔だった。いや、どっちもか。
「羅刹どもっ……!」
 女盗賊狩りは羅刹たちを見ると、追っていた俺と青ちゃんではなくそちらを険しい顔で睨んだ。
「緋狐、狸休!」
「がってん」
 女の声に緋狐と狸休も俺たちに並ぶ。……なんだ、これ?
 すると、青ちゃんが自分の隣に立った女に聞いた。
「俺たちを殺しに来たんじゃないのか?」
「予定は予定だ。盗賊風情がごちゃごちゃ抜かすな。こちらにもいろいろ事情があるんだっ」
「事情?」
「貴様には関係ない!」
 女は槍を羅刹に向けた。
 あれ? もう羅刹狩りじゃなくて盗賊狩りになったんじゃなかったっけ? 
 でもどうやら、俺たちは一緒に羅刹たちと戦うことに、今、なったらしい。
 しかし、女はそれが気に食わないようだ。
「最悪の気分だ」
「俺もだよ」
 久しぶりに俺の背の側にいる青ちゃんがそう言って、ふっと笑う気配があった。女はそれも気に入らないらしい。
「何が可笑おかしい?」
「いや、何も」
 青ちゃんは両手に大鎌を持ったつぎ、細い紐のようなものがついた鎌を振り回すはぎに向かい合った。
 俺の目の前には瑠璃色の着物。目元を覆った硝子の奥の目が、こちらを憎らしげに睨んでいる。俺とおんなじで背中に括っている刀を抜き、俺に向けたそいつは馬鹿でかい声で宣言した。
「俺の愛刀のサビにしてくれるわ!」

 俺の相手は弾次こいつだ。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

王妃はいかにして白雪姫を追い出したのか?

暗い部屋に引きこもり、鏡を覗き込んではため息をつく王妃様。「白雪はあんなにも美しいのに」。地位も財産もありながら、欲しいものは決して手に入らない。そんな哀れな彼//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/09/25 01:10
嘯く羊〜ウソブクヒツジ〜

現代に人知れず存在し、人間を超越した力を宿す者、狗鬼(コウキ)。 その狗鬼の傷を癒やす役目を持つ者、籠女(カゴメ)。 二者は狗鬼が籠女を守るという契約をもって共//

  • アクション〔文芸〕
  • 完結済(全190部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/08/26 21:00
無幻真天楼

ちょっと寂れた漁師町 そこで生まれ育った栄野京助はどこにでもいる中学二年生の男子生徒だった そう、あの独特の語尾で話す少年、緊那羅と出会うまでは。 年相応に悩//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全54部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2011/11/26 22:07
夢わたり ≪其の参≫

「ねぇ灯ー。あんたバスケ部の佐藤先輩と寝たって本当?!」  灯が長い黒髪をかきあげて、クラスメイトの質問に否定の言葉で答えると、クラスメイト達は笑った。それと一//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全33部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2010/10/10 14:26
時の軌跡 ~アヴァロニア大陸回生記~

《最後の審判》―― 後の世においてそう名付けられた、強大な力の暴走。 広大な大陸の全土を巻き込んで起こったその爆発は、大陸東部に領土を拡げる《トランシールズ王国//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全27部分)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/07/31 04:22
薬屋のひとりごと

薬草を取りに出かけたら、後宮の女官狩りに遭いました。 花街で薬師をやっていた猫猫は、そんなわけで雅なる場所で下女などやっている。現状に不満を抱きつつも、奉公が//

  • 推理〔文芸〕
  • 連載(全178部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/27 02:16
【コラボ侍】ざこのうた

『みてみん』で参加させていただいている、コラボ侍のこぼれ話。 おそらく、詳細を知らなくても理解できるようになっているはずです(作者の腕がなかったらごめんなさい)//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 5 user
  • 最終掲載日:2010/12/23 01:04
夢わたり

少女が自転車に乗ってやってきた。黒くて長い髪をした少女だ。俺はそれを暗いところから見ている。俺は少女に走り寄ると、少女に向かってナイフを振り下ろした――。霞野署//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全34部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2010/04/29 17:17
Crazy Stray Cat

 掃き溜めに迷い込んだ少女の前に、突如として現れた謎のチンピラ、ストレイ・キャット。彼に関わってしまったがために、少女に迫る殺し屋の影――。おバカで下品な殺し屋//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全14部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2010/10/13 22:40
夢わたり ≪其の伍≫

雨がしとしと降り注ぐ夜、大酉が店のドアを開けると、そこに少年が一人うずくまっていた。少年がゆっくりと大酉を見上げる。それは十三年前に死んだはずの少年だった。 和//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全32部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2011/11/23 17:50
風と月の庵にて

人間と羅刹が混在する場所、賽ノ地(さいのち)。羅刹狩りの盛んだったその地で突如、盗賊狩りが始まった――。 賽ノ地の中心に鄙(ひな)びた趣を醸しつつ、紅葉の棚に//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2011/02/05 05:17
賽ノ地青嵐抄 【江戸編】

賽ノ地を離れた青と耶八が、北倶盧洲の中央都江戸で出会ったのは自らの過去と未来だった。誓願せし心を揺らすは花の香りと母の声。人間と羅刹が和平を結んだことで、夜叉族//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全25部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2014/08/09 16:58
忌み子

北倶盧洲の賽ノ地。そこへやってきた良介と雪姫は盗賊狩りに巻き込まれながらも、気ままに生活しようとしていた。だが、現実はそうもいかず……。  ※この作品はみてみん//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全6部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/10/21 23:00
夢わたり ≪其の四≫

私は死ななければならない。だって、私は大きな罪を犯したのだから。 もうすぐ通過電車がやってくる。私は線路に向かって足を踏みだした……。 犯罪者に同調し、同じ夢を//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全34部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2011/01/29 15:40
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全131部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 20:00
メイデーア魔王転生記 〜俺たちの魔王はこれからだ。〜

高校生の透、真紀子、静は、前世にて異世界の三大魔王として君臨していた記憶を持っています。外道な勇者によって殺された三人は、高校で“前世懺悔同好会”を設立し、 前//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全408部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/01/15 03:18
黄金林檎の花は咲く

林檎菓子専門店『アフェール』を経営する両親を持ち、自身も菓子職人として働いているクレイア。店は年に数回ある繁盛期の一つに向けて準備を進めていた。そんなある日、彼//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全6部分)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2012/02/12 19:55
契約と代償と猫と精霊

タチバナナツメさん主催企画・ティル・ナ・ノーグの唄http://tirnanog.okoshi-yasu.net/characters/ 月のない夜。瞼に浮か//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/04/15 19:47
a piece of applecake

アーガトラム王国の城塞都市ティル・ナ・ノーグに住まう様々な環境・職業の人々が織り成す、笑いアリ、涙アリ、恋愛アリ、青春アリ、感動アリな一話完結の掌編集!――にな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全6部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/05/03 00:00
賽ノ地青嵐抄 【賽ノ地編】

人間と羅刹が混在する場所、賽ノ地(さいのち)。この地ではかつて羅刹狩りが盛んに行われていたのだが、半年前、政府の意向で羅刹族との和平が成立した。以来この地では職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全24部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2011/04/03 20:41
夢わたり ≪其の弐≫

少女は男を蔑んだような目で見ながら、通り過ぎていく。大丈夫。僕は君を分かっているよ。男は少女に手を差し伸べた。すると少女は、先ほどとは打って変わって、嬉しそうな//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全34部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2010/07/19 12:41
フェアリーテイルズ・オブ・エーデルワイス ep.1 “Whose side is fortune on?”

 西暦200x年6月、ロンドンは連続通り魔殺人事件によって震撼していた。  スコットランドヤードの若きエリート刑事マイケルは、事件を追うさなかに一人の少女と出会//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全76部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/06/04 20:01
野良のノラが教えてくれたこと

そこにいたのは猫だった。僕と同じ黒い猫。

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 短編
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/01/31 22:18
夢わたり ≪其の陸≫

「今回の同調者は正義の味方でした」 他人と同じ夢を見る刑事、常磐要はまたしても他人の夢に同調する。 その頃、別の事件で張り込みをしていた東田昇は一人の幼い少女と//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全31部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2013/11/10 21:13
アルテニカ工房繁盛記

【西洋FT世界創作企画『ティル・ナ・ノーグの唄』参加作品】 ティル・ナ・ノーグの駆けだしの細工職人・ユータス。腕はいいけれど、センスは時代の先を行き過ぎる彼のゆ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全61部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/09/17 08:00
朝夕疾風記

 大陸の北に位置する北倶盧洲(ほっくるしゅう)には、西に人間と羅刹が混在する場所賽ノ地(さいのち)や中央都には江戸がある。その州全体で不穏な動きが漂う中、江戸で//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全15部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2015/01/31 20:04
骨董機械少女-アンティーク・マシンドール

 曾祖父の代から三笠家に受け継がれる機械人形(マシンドール)ハナ。彼女との時間を大切にしたい慶一朗は、機械人形調律師(マシンドール・チューナー)の資格を取ろうと//

  • 空想科学〔SF〕
  • 完結済(全33部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2014/09/01 14:42
今宵、白雪の片隅で

白雪(ブランネージュ)の城の片隅で繰り広げられるほのぼのと、時にはちょっと切ないものがたり。 掌編、短編連作。 多人数参加型西洋ファンタジー世界創作企画『ティ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全14部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2013/03/20 00:34
ROBOT HEART・ロボットハート

夢を叶えるため機械技師として働く少女ココと、その前に現れた自称“完璧な人型ロボット”アキツ。 人間になるため“ココロ”を探しているというアキツに、ココは“ココロ//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全66部分)
  • 7 user
  • 最終掲載日:2016/09/18 13:29
優しい月と、江戸のまち

江戸の尾形町にある一軒の食事処、爽亭の“イケメン看板息子”と噂される優月。ある日、優月が一人の少女と出会った事で、何かが変わっていく――。本編完結済み。 早村友//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全52部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/03/10 21:00
R.E.M. ~ティル・ナ・ノーグのララバイ~

旅行記を描くことを夢見る少年、アール・エドレット。騎士団長にかけられた汚名を晴らすべく独断で事件解決に踏み込む副団長、ペルセフォネ・ガーランド。また一方で、レイ//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全8部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2012/09/09 21:00
賽ノ地青嵐抄 -始まりの日-

ここは北倶盧洲の賽ノ地と呼ばれる、果ての地。 物心ついたときから祖父と暮らし、両親の記憶はほとんどない少女、きさら。 これは、彼女の運命を少し――いや、大きく変//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全12部分)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2011/04/08 09:29
衝撃屋

世の中にはいろんなお仕事がございますが、中にはかわった仕事を生業としている方もいらっしゃいます。 この男が売り歩くもの、それは「衝撃」でございます。 つまらない//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全7部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2011/03/01 16:06
幸運の尻尾

もっといいネタを手に入れるには? 悩める青年アールは、商店街の片隅で妙な名前の装身具店を見つける―― 老舗アクセサリショップを中心に紡がれる青年と狐人の小話。//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 完結済(全15部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/12/24 00:13
滅びゆく竜の物語

 異種族との交流を一切禁じ、人の姿で暮らす竜——竜人族。闇色の鱗を持つ青年ゼノは、禁を破り里を降りた親友イシュナードの消息を追う旅に出る。街道で野盗の襲撃を受け//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全42部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 08:41
ティル・ナ・ノーグの揺籃歌

家出少年レインが、城塞都市「ティル・ナ・ノーグ」を舞台に、仲間と冒険したり、戦ったり(?)、迷ったり、落ち込んだり、励ましたり、励まされたり、街の人の依頼を受け//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全15部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2012/04/09 00:58
↑ページトップへ