挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
黒い炎と氷の刃 作者:雪華

闇の覚醒

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/56

9話  いつの頃からか

「えっ? 黒い髪?」

 ルージュは状況が飲み込めないまま、女の子を受け止めようと両手を広げた。

「レン!」

 階段の上で、銀髪の少年が慌てて女の子を捕まえようと手を伸ばしたが、その手は空をつかむ。少年は階段を駆け下りながら必死に叫んだ。

「おい、お前! 絶対受け止めろよ!」
「そんなのわかってるよ……!」

 両腕だけでは間に合わず、全身で女の子を受け止めたルージュは、その勢いに負けて女の子を抱えたまま後ろに倒れ込む。

「痛っ――」
「おいっ、大丈夫か!」

 仰向けに倒れたルージュを、銀髪の少年と、黒髪の女の子が心配そうに覗き込んだ。

「なんか……背中が冷たい」

 ルージュは恐る恐る上体を起こすと、自分の倒れていた場所を振りかえった。

「あぁ、悪い。魔法で雪を出してクッションを作った」
「あの短時間で?」

 少年が事もなげにそう答えたので、ルージュは驚きながら雪に触れてみる。これのおかげで、衝撃は吸収されて怪我もなく済んだようだ。

「こいつが迷惑かけたな。まさかあそこから飛ぶとは思わなかった」

 そう言って、少年は女の子を抱えあげると肩車をした。女の子は落ちないようにぎゅっと少年にしがみつく。

「俺は煌牙。このちっこいのはレンだ」
「ちっこくないよー!」

 銀色の髪を引っ張りながら抗議するレンを無視して、煌牙が続ける。

「見ない顔だな。もしかして、親父が言ってた新しく来る奴ってのはお前か?」
「やっぱりキミ、長の息子なんだね。うん、氷の里から今日ここに着いたばかりだよ。名前はルージュ。よろしく」

 ルージュは雪を払いながら立ち上がると、握手をするために右手を煌牙に差し出した。煌牙は「おう」とだけ答えて、少し照れくさそうに応じる。

「ルージュか。お前、氷の里の奴っぽくないな? 黒髪だし」
「ああ。母親が人間なんだ。……ねえ、その子は何で黒髪なの?」
「レンね、黒炎なの」

 レンは自分の事を聞かれて嬉しいのか、煌牙の頭にアゴをのせてニコニコと笑顔で答えた。

「黒炎って……キミ、巫女姫様だったの?」

 ずいぶんと奔放なお姫様と、そのお姫様を雑に扱う煌牙にルージュは驚いた。

「うん。レンね、一人だけ黒い髪だったから、ルージュを見つけて嬉しくなっちゃった!」

『一人だけ黒い髪だったから』
 レンの一言が、ズキッとルージュの胸に突き刺ささる。
 今まで、考えないようにしていた『一人だけ』と言う事実。黒髪も、黒い瞳も気に入っていると公言してきた。確かにそれは本心だ。それでもどこか強がっていたのだと、今の一言で思い知らされた。
 なにより、同じ黒髪のレンに出逢って、心底ホッとしている自分が居る。

「……もう、一人じゃないね」

 ルージュは無意識のうちにそうつぶやいていた。その言葉に、顔を輝かせてレンがうなずく。

「なんだよ、今までだって一人じゃなかったろ」
「だって煌牙は黒じゃないもん」

 煌牙が一瞬息をのんだ。

「寂しかったんなら、ちゃんと俺に言えよ」
「寂しくなかったよ。ただ、ルージュに会えてうれしかったの」

 煌牙の声のトーンに、怒られていると感じたレンは、銀色の長い髪に顔をうずめたままそう答えた。

「……まぁ、いいけどな。あ、ヤバイ。司令官(じじい)に呼ばれてたんだった。じゃあな、ルージュ!」

 レンを肩車したまま、煌牙は階段を駆け上がった。レンが振り返ってルージュに手を振る。ルージュも手を振り返そうとしたが、ハッと思い出して煌牙に声をかけた。

「俺、騎士団に入りたいんだ!」
「おう、大歓迎だ! 明日の朝、宮殿の訓練場に来いよ!」

 太陽に照らされた煌牙の銀色の髪がキラキラと眩しかったが、レンの赤みを帯びた黒髪も美しいとルージュは見とれた。
『黒炎の巫女姫』という存在は聞いたことがあったけど、まさか髪や瞳まで黒いなんて。

 翌朝、ルージュはドキドキしながら訓練場へと向かった。
 宮殿の敷地内でワイバーンの獣舎近くにあると言う事は、昨日のうちに寮長のアークから聞いていたので、迷わずにたどり着くことができた。そこは、訓練場と言うよりは運動場といった感じで、屋外の広場に魔法用の的が並んでいる簡単な設備だった。既に煌牙やレンをはじめ、何人かが剣や魔法の訓練中だったが、なぜか大人の姿はない。

「よお、ルージュ!」

 ルージュの姿を見つけた煌牙が、声をかける。その後ろをレンが小さな木刀を持ってついてきた。

「巫女姫様も、剣の訓練をするのですか?」

 驚いて尋ねたルージュの言葉にレンは大きくなずく。

「するよ! レンも強くなって、煌牙と一緒に戦うから」
「お前、そんな事言いだしてからもう一年経つけど、全然上達してねえだろ。剣は向いてないんだって。魔法の練習しろよ」

 煌牙は辛辣な言葉とは裏腹に、優しくレンに笑いかけるとポンポンと頭を撫でた。

「騎士団って、大人はいないの?」

 ルージュの問いに、煌牙は「あー」と、苦い顔をする。

「大人ねぇ。居るけど、こんな平和な時代、基礎が出来てりゃ充分だろって、訓練なんかしねぇんだわ。いざ魔物が出たって時は、俺が片づけるしな」
「そうなんだ」
「お前、氷の一族だったな。武器は出せるか?」
「うん。一応」
「見せてみろよ」

 ルージュはうなずくと、両手に力を集中させた。みるみる手の中に光が集まり、徐々に形が見えてくる。パッと強く光を放った後、ルージュの手には、身の丈以上もある刀が現れた。

「へぇ、大太刀か、珍しいな。だけど、出すのに時間がかかり過ぎだ。実戦だと厳しいぞ。お前、人相手に戦ったことはあるか?」

 煌牙の問いに、ルージュは首を振る。

「人と戦った事はない。……俺、やっぱり才能ないのかな」
「いや、お前くらいの年でこんだけできりゃ上等だ。後は経験を積めばいい」
「経験?」
「手合わせしてみるか。レン、邪魔だからお前はもっとずっと遠くに行ってろ」

 レンはコクリとうなずくと、煌牙の指さす獣舎の軒下までパタパタと走り出した。
 煌牙はレンが遠く離れたのを確認すると、両手に光を集めた。その光はあっという間に二本の短剣へと変わる。

「双剣……」

 ルージュはその刃の形状と白銀の色に、まるで翼のようだと思った。

「俺は手加減してやるが、お前は全力で来いよ」

 煌牙が飛ぶように地面を駆けた。
 ルージュはゴクリと唾を飲み込むと、刀を握る両手に力を込める。
 間合いを詰められたくないルージュが、大太刀を真横に一振りした。
 だが煌牙は、そんな動きは予測していたかのように、ひらりと高く飛びルージュの攻撃をかわすと、その勢いのまま剣を振り下ろす。
 剣がぶつかり合う高い音が響いた。
 煌牙の一撃を防いでも、容赦なく二本目の剣がルージュを狙う。
 接近したままでは、手数の多い双剣には敵わないと判断したルージュは、力いっぱい、双剣もろとも煌牙を押しのけ距離を稼ぐと、素早く空中に氷の足場を作る。その足場を踏み台にして、押しのけられて後ずさった煌牙の頭上高くジャンプした。
 ルージュの意図を察した煌牙は、避ける間がない事を悟ると、剣を握ったまま右手に光を集め壁を作り防御の体勢をとる。
 ルージュは、自身の落下スピードも刀に乗せ、煌牙に斬りかかった。
 ガラスが割れるように、煌牙の防御壁が粉々に砕け散る。
 一瞬、目を大きく見開き驚きの表情を見せた煌牙だったが、すぐにそれは不敵な笑みへと変わる。片手では防ぎきれないと、咄嗟に両方の剣でルージュの刀を受け、そのまま横へ打ち払った。

「うわっ!」

 バランスを崩したルージュが、横に飛ばされゴロゴロと地面を転がる。
 いつの間にか訓練の手を止めて、二人の戦闘を遠巻きに見ていた他の団員達が息をのんだ。
 地面に倒れたルージュの視界に、青い空が広がる。
 これが実戦だったら、ここに魔法が飛んでくるか、あるいは剣を突き刺されて人生終わるんだなぁ。と思うと、ルージュは立ちあがって戦闘の続きをする気にはなれなかった。
 まだまだ実力に差がありすぎる。

「うん。お前、悪くないな。ってゆーか、むしろすげーいいな!」
「え……でも俺、負けちゃったんだけど……」

 仰向けで寝ころんだまま、ルージュは煌牙を見上げた。

「当たり前だ。勝てる気でいたのか? なめんなよ」

 煌牙は笑いながら、ルージュを引っ張り起こす。

「俺の防御壁を割った奴は初めてだ。お前、センスあるよ。大太刀はリーチ長いから、乱戦の時は味方の位置、気をつけろよ。後は……今は無理でも、そのうち片手でも扱えるようにしておけ。片手が空けば、防御も出来る」

 煌牙の的確なアドバイスを聞き、ルージュは嬉しそうにうなずいた。

「ありがとう! 里では、こんなに戦闘出来る人いなかったから、ここに来てやっぱり良かった!」

 そんな二人の様子を、目をキラキラ輝かせてレンは見つめていた。
 あんなに楽しそうな煌牙は、なかなか見られない。ルージュは煌牙の味方になってくれる! それが嬉しくてたまらず、レンは思わず二人に駆け寄った。

「ルージュ、カッコよかった!」

 遠くから走ってきたレンが、そのままの勢いで飛び付くと「うわっ」と、ルージュはよろよろと後ずさった。

「なんだよ。勝ったの俺だぞ?」

 煌牙は面白くなさそうに、ルージュにぶら下がるレンの頭をこづいた。

「いたーい!」

 パッとルージュから離れたレンは、小さな手で煌牙のみぞおちを殴りつける。

「痛ぇだろ! 本気で殴るなよ」
「煌牙が叩くからだよ。それに、本当は全然痛くないクセにっ! どうせレンは煌牙に勝てないと思ってるんでしょ!」

 レンが腰に手をあてて、ぷーっとふくれる。レンの感情に共鳴するように、煌牙達の周りの温度が上昇した。

「暑いよ、レン」

 煌牙は空中に絵を描くように、人差指を走らせた。
 キラキラと煌牙のなぞった線は、氷のバラへと変化する。

「レンが怒ってると、このバラすぐに溶けちまうぞ」

 そう言って煌牙は、氷のバラをレンの黒い髪に挿した。

「えっ、ヤダヤダ、もう怒るのやめる! そうしたら、ずっと溶けない?」
「まぁ、一時間くらいはもつんじゃね?」
「えー。じゃあ、一時間経ったらまた作って」
「やだよ。めんどくせぇ」
「ふっ、あはは!」

 二人のやり取りを見ていたルージュが、思わず吹き出す。

「何だよ、ルージュ」
「だって、二人とも仲がいいのか悪いのかわかんなくて、面白いんだもん」
「ルージュも今日から仲間だよ!」

 レンは嬉しそうに、ルージュの腕にぶら下がった。

「ありがとうございます。巫女姫様」
「それ、ダメ。レンでいいよ。あと、敬語も禁止ね!」
「えっ。それは、ちょっと……」
「だめだめ! ね? お願い!」

 レンが拝むように顔の前で両手を合わせる。その仕草が可愛くて、思わず微笑んだ。

「……うん、わかったよ。レン」
「やったぁ!」 

 鮮やかな黒い薔薇のように、レンの笑顔が咲いた。
――――それからは、いつも三人でいた。

 毎日のように煌牙と手合わせをしたし、レンには内緒で実戦練習と称し、煌牙とイノシシ狩りに行った事もあった。それがバレた時には、煌牙と二人で一生懸命、大泣きするレンのご機嫌をとったっけ。
 置いていくと後が面倒だからと、レンを連れて出かけた時には、度胸試しで橋の上から川に飛び込んだ事もあったな。三人ともびしょ濡れで帰って、レンが熱をだしてしまい、司令官に大目玉をくらったんだ。
 煌牙が騎士団長に就任して、その後すぐ自分が参謀総長になって、レンは大喜びしてくれた。

 いつも三人でいたのに。
 いつからだろう?

 三人でいることが、少なくなった。
 煌牙といつも張り合うようになった。
 レンが不安そうに、一生懸命、煌牙と自分を気遣うようになった。
 いつからだろう? どうしてこうなった?

「ははっ」

 乾いた笑い声が響いた。
 長く暗い宮殿の廊下で、ルージュは歩みを止めて片手で目を覆う。
 いつから 
 どうして

「わかってる」

 本当は、わかっている。
――煌牙よりも近くで、レンを独り占めしたいと願ってしまったからだ――
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ