挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

始まりと思い出のエーデルワイス

作者: 尾久出麒次郎
これは僕、真島翔(ましましょう)の思い出話しであり、エーデルワイス団の最初の物語である。

二〇〇三年春、真島翔は一年にも及ぶ受験戦争は敗戦に終わって遠くの学校で寮に入るか、歪で偏った校則の地元の私立高校に入るか選択を迫られていた。
翔は悩んだ末に地元にある私立細川学院高校ーー通称:細高に入り、堅苦しい生活になるとうんざりするが、中学時代からの知人で変人な柴谷太一(しばたにたいち)、同じく一緒の中学で無愛想で無配慮な中沢舞(なかざわまい)、そして読書好きの天然和風美少女の神代彩(かみしろあや)と出会う。
ふとしたことがきっかけで楽しい日々を送るが、同時に先生や大人たちに目をつけられてしまう。太一の提案で翔たちは彼らを出し抜くための活動を開始する。

「最後の夏のエーデルワイス」「遠い夏の夜空のエーデルワイス」に続くエーデルワイス団シリーズ第三弾です。
今回はゼロ年代前半を舞台にした物語ですが、どれから読んでも楽しめるようにしています。
プロローグ
2017/06/17 23:03
第一章その1
2017/06/19 06:35
第一章その2
2017/06/20 06:55
第一章その3
2017/06/21 06:15
第一章その4
2017/06/22 10:38
第二章その1
2017/06/26 06:08
第二章その2
2017/06/27 07:30
第二章その3
2017/06/28 06:08
第二章その4
2017/06/29 06:02
第三章その1
2017/07/03 06:27
第三章その2
2017/07/04 06:03
第三章その3
2017/07/05 07:05
第三章その4
2017/07/06 06:05
第四章その1
2017/07/10 06:02
第四章その2
2017/07/11 05:02
第四章その3
2017/07/12 06:03
第四章その4
2017/07/13 06:03
第五章その1
2017/07/17 05:39
第五章その2
2017/07/18 08:31
第五章その3
2017/07/19 10:19
第五章その4
2017/07/20 00:23
第六章その1
2017/07/24 06:27
第六章その2
2017/07/25 06:00
第六章その3
2017/07/26 06:15
第六章その4
2017/07/27 06:16
エピローグ
2017/07/27 15:06
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ