挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
Re:ゼロから始める異世界生活 作者:鼠色猫/長月達平

第一章 怒涛の一日目

2/430

第一章1  『ギザ十は使えない』

 ――これは本気でマズイことになった。


 一文無しで途方に暮れながら、彼の心中はそんな一言で埋め尽くされていた。
 一文無しというのは正確ではない。財布はポケットの中に入っているし、やや小銭が多くてお札が少ない点を除けば全財力には違いない。
 地元から一番近いショッピングモールまで出て、本屋で買い物して昼飯を食べてくるぐらいの余裕は持てる懐具合。にも関わらず、一文無しと表現するしかない。
 なにせ、

「やっぱ、貨幣価値とかって全然違うんだよな……」

 手の中の十円玉――希少な『ギザ十』を指で弾いて、少年は長いため息をこぼした。
 これといった特徴のない少年だ。短い黒髪に、高くも低くもない平均的な身長。体格は鍛えているのかやや筋肉質で、安物のグレーのジャージと相まってスポーツマン風ではある。
 三白眼の鋭い目だけが印象的だが、今はその目尻も力なく落ちていて覇気がない。

 群衆に紛れれば一瞬で見失いそうなほど凡庸な見た目だ。
 が、そんな彼を見る人々の視線には『珍奇』なものでも見るような不可解な色が濃い。

 当然といえば当然の話――なにせ少年を眺める彼らの中には、ひとりとして『黒髪』のものも『ジャージ姿』のものもいない。
 彼らの頭髪は金髪や白髪、茶髪を始めとして緑髪から青髪まで様々で、さらに格好は鎧やら踊子風の衣装やら黒一色のローブやら『それ』らしすぎる。

 無遠慮な視線の波にさらされて、少年は腕を組みながら納得するしかない。

「つまり、これはあれだな」

 指を鳴らし、自分の方を見る人々に鳴らした指を向けながら、

「――異世界召喚もの、ということらしい」

 目の前を、巨大なトカゲ風の生き物に引かれた馬車的な乗り物が横切っていった。



※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


 菜月(なつき)(すばる)は平成日本生まれのゆとり教育世代出身である。

 彼の人生は十七年、その全てを語り尽くすにはそれこそ十七年の時間を必要とする。
 それらを割愛し、彼の現在の立場を簡単に説明するのならば『高校三年生にしてひきこもり』となる。
 詳細に説明するなら、『受験を間近に控えた時期なのに、親の期待もなにもかもうっちゃって自分の殻に閉じこもったどうしようもないクズ』といったところだ。

 ひきこもった理由は特にない。
 普通の平日、たまたま「今日は起きるのが面倒だ」となんとなく思い、サボりを実行に移したことが切っ掛けではあった。
 そのままずるずると自主休校が増え、気付けば立派に親を泣かせるひきこもり。
 日がな一日怠惰をむさぼり、コミュニケーション皆無のネットに沈み続け――、

「その結果が異世界召喚か……もはや自分で言ってて意味わかんねぇな」

 改めて状況を再確認して、スバルはもう何度目になるかわからないため息をついた。

 先ほどまで好奇の視線を浴びていた通りから場所を移し、今は少し薄暗い路地裏に腰を下ろしている。
 地面は舗装されていて、現代日本と比較すれば雑な仕事だが悪くはない。

「現状が異世界ファンタジーと仮定して、文明はお決まりの中世風ってとこか? 見たとこ機械類はなしで、建材も石材か木材でほぼ統一……」

 路地裏に腰を下ろすまでに見た光景を思い返し、脳内の情報を整理していく。
 日頃から妄想にふける時間はたっぷりあったおかげで、『異世界召喚』された際の心構えは上々だ。

 まずは冷静にその時代の文明、現代日本との衣食住の差異。物理現象の違いや、生息している『人型生物』とのコンタクトが可能かどうか見極める必要がある。

「よし、いいぞ俺。伊達に妄想してねぇぜ。文明レベルの確認はまぁよし、とりあえず金は通用しない。ついでに店主と会話できたし意思の疎通も問題ない」

 召喚されたと気付いて、スバルが最初に行ったのが『八百屋?』との交渉だった。店先に並んでいた『リンゴ?』を買おうとして、日本円を拒否されたのだ。
 そのときに見た限りでは、この世界での通貨は金貨、銀貨、銅貨などらしい。貨幣自体が価値を持つ世界観の理解しやすさは、異世界ファンタジーらしいといえばらしい。

「まぁ、混じりもんとか粗悪品。五百ウォン硬貨みたいなの出てきて衰退するだろけど」

 持ち歩くには重たすぎるしなぁ、と内心で呟き、再び通りをトカゲが引く馬車が通過。砂埃が盛大に舞っているが、行き交う人々は慣れているのか無頓着だ。

「それでも車に比べれば数は少ないか。……そういや、今のとこ犬とか猫も見てねぇな」

 『馬車?』を引かせていた巨大なトカゲは、馬より一回りは大きかっただろうか。細身な分だけ全体的な質量は変わらなそうだが、爬虫類があれだけ大きいと違和感がスゴイ。

「一般的……なんだろうな。トカゲも、人間の見た目も」

 そして確認を最後に回した部分、この世界における人間の特殊な見た目だ。

 髪の色がカラフルなのは認める。染めれば基本的に何色の髪でもあり得るし、異世界ファンタジーな時点でそこは納得済みだ。
 問題視しているのは別の部分、たとえば『獣耳』だ。

 ざっと見渡した限り、『イヌミミ』と『ネコミミ』は発見した。『バニー』もいれば、変わり種だと『リザードマン』っぽいのもチラッといたような気がする。
 かと思えばスバルと変わらない見た目の人間もいるのだから、これらの結論は――、

「ジャンルは異世界ファンタジー。文明は典型的な中世風。亜人ありありで、たぶん戦争とか冒険もありあり。動物に若干の違いはあるけど、役割的に変化なし――ってとこか」

 それだけ整理して、スバルはため息をは違う長い息を吐く。

 自分の置かれた状況を口にしてみて、そのご都合主義的な展開に眉が寄る。
 妄想設定通りの展開なら、自分はこれから現代知識を駆使して『俺TUEE』を実行するはずだが、用意していた知識が使える世界観とは微妙に違う。

「過去の戦国時代に飛ばされた場合のシミュレーションは完璧だったんだけどな……戦国時代に飛ばされてたら、俺は信長に天下とらしてたぜ」

 異世界ファンタジーだと、使える知識はせいぜい黒色火薬の配合率ぐらいか。
 それもこの世界の文明レベルによっては意味がない。異世界ファンタジーにつきものの『魔法』が存在する場合、それこそ火薬なんて花火程度の扱いだろう。

「まぁ、魔法が万能なもんじゃないってのもある種のお約束か。もしも科学の発展とかに貢献できるチャンスがあるなら頑張るとして……さしあたっての問題は」

 異世界召喚された原因も、目的もさっぱりわからないという点だ。

 召喚される前のことはよく覚えている。久々に家から出て、コンビニで夜食のカップラーメンを買って帰る途中だった。自転車の気分じゃなかったので徒歩で。
 そしてその途中、ふと夜空を見上げて『今夜は満月一歩手前だな』と思ったことまで覚えている。
 それから視線を下げてまばたきをしたら、いつの間にか昼だった。

 夜から一瞬で昼だ。
 異常事態が起きたのはすぐにわかった。それしかわからなかったが。
 今でこそ落ち着いているが、その直後の慌てぶりときたら子々孫々まで語り継がれるべきヘタレぶりである。

「まぁ、長男の俺が消息不明なら子々孫々もクソもないけど」

 呟きながら、改めてスバルは自分の所有物を確認。
 異世界ファンタジーの現状では初期装備が想像以上に重要だ。今はどれだけ細い糸であっても繋がっている事実が大事。

 まずケータイ(電池切れそう)、財布(レンタルビデオ屋の会員証多数)、コンビニで買ったカップラーメン(とんこつ醤油味)、同じくスナック菓子(コーンポタージュ味)、愛着しているグレーのジャージ(未洗濯)、使い古したスニーカー(二年もの)、以上だ。

「終わったな……なんで俺はピストルのひとつでも持ってねぇんだ。どーしろと」

 役立つのは腹の足しになりそうなお菓子ぐらいか。小腹を救って終了だが。

「事態は絶望的。そしてやっぱり原因は不明。鏡くぐった覚えも池に落ちた記憶もないし、何より召喚ものなら俺を召喚した美少女どこだよ」

 いわばメインヒロインの不在。二次元の世界からすればあり得ない職務怠慢だ。
 召喚しておいて無目的で放置されたとあっては、やり捨てされたようなものである。
 実際、現状確認すら終わったスバルは現実逃避すらできずにうなだれるしかない。

「マジで勘弁してくれよ。俺にどうしろっつーんだよ」

 弱音、泣き言がこぼれて早くも折れそうだ。帰りたい、とひたすら思う。
 妄想は妄想のままでよかった。異世界召喚なんてものは頭の中で無双して俺TUEEするのが楽しいんであって、本当に放り込まれたら尻ごみ以外の何ができる。

「とにかく当面は生きるのが目的だが……コミュレベル1の俺でやってけるのか?」

 まともに誰かと会話するなど、家族を除けばコンビニの店員ぐらいしかいない。そんな生活を一年近く続けてきたのだ。距離の測り方なんてとうに忘れている。

「チャットなら喋るのと変わらないスピードでタイプできんのに……」

 指をわきわきさせながら今後を不安がるスバル。
 と、その表情が変わる。理由は音だ。
 ふいに路地裏に響いた足音――見れば路地の入口、三人ほどの男が道を塞ぐように立っていた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ