挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

Planet Biology

Planet Biology ~人種依存的麺文化~

作者:やまけん
「麺文化形成前の中国人をイタリアに移植したら、彼らはラーメンをつくるのかパスタを作るのか?」という問いに、Planet Biology(プラネットバイオロジー) という新たな学問で解きほぐしていく話です。
人種依存的麺文化 ①
2017/01/15 16:26
人種依存的麺文化 ②
2017/01/15 16:27
人種依存的麺文化 ③
2017/01/15 16:27
人種依存的麺文化 ④
2017/01/15 16:28
人種依存的麺文化 ⑤
2017/01/15 16:28
人種依存的麺文化 ⑥
2017/01/15 16:29
人種依存的麺文化 ⑦
2017/01/15 16:29
人種依存的麺文化 ⑧
2017/01/15 16:29
人種依存的麺文化 ⑨
2017/01/15 16:30
人種依存的麺文化 ⑩
2017/01/15 16:30
おまけ:参考文献
2017/01/15 16:30
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全195部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/30 00:00
スライム転生。大賢者が養女エルフに抱きしめられてます

死の間際、大賢者は大魔術によって生み出した【無限に進化し続けるスライム】に転生した。あらたな人生、もといスライム生を楽しもうとしたが、養女であり弟子のエルフにつ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全27部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/29 12:23
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全496部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:14
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全364部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/05/24 00:06
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全126部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 21:09
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2016/12/17 10:52
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全219部)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 21:22
↑ページトップへ