挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

96/415

世紀末ベルーザ陸戦隊

96話


 俺はガーシュとペトーレが喧嘩している間にパスタを五杯平らげ、他の料理も食い尽くす。
 満腹になって食後の紅茶を飲んでいると、喧嘩に飽きたペトーレが俺に声をかけてくる。
「ヴァイトとやら、差支えなければ人魚に会わせてくれんか。わしを助けてくれた人魚がその後どうなったか、ちと聞いときたいんじゃ」
「ああ、いいとも」
 さっそく恩を売りつける機会がやってきたな。


 港の桟橋に戻ると人魚たちが数人、パーカーのくだらないジョークを聞かされている様子だ。
「それでね、ヴァイトが秘薬の分量を間違えたときの話なんだけど……」
 ジョークかと思ったら、もっとたちの悪い話だった。
 俺は駆け寄ってパーカーを持ち上げると、そのままガーニー兄弟に放り投げる。
「始末しとけ」
「お、おう」
「あっ、ちょっと待って! そのときヴァイトを偶然見ちゃったのがメレーネ……」
 まだ何かしゃべっているパーカーを担がせ、そのまま退場させる。


 ペトーレは人魚たちを見ると、驚いたように立ち止まる。
 それから桟橋をゆっくり歩いて、人魚たちに挨拶をした。
「やあ、お嬢さんがた。わしを覚えとる者はおるかね?」
 人魚たちは顔を見合わせたが、首を横に振る。
「いいえ、存じません」
「そうか……無理もない、五十年も前の話だ」
 人魚の寿命を考えると、ちょっと厳しいだろうな。
 ペトーレはあきらめきれないようで、さらに訊ねる。
「わしは船乗りのペトーレという。リーナという人魚を知らんか?」


 すると人魚の一人が挙手した。
「リーナは私の大伯母です」
「おお」
 ペトーレは歩み寄り、その人魚に話しかける。
「リーナは元気か?」
 するとその人魚はうつむいて、首を小さく横に振った。
「大伯母は私が幼い頃に、病で亡くなりました。二十年ほど前です」
「なんと……」
 意気消沈するペトーレに、その人魚はこう答えた。
「でも、ペトーレという若い船乗りの話は、いつも大伯母がしてくれました。嵐の海で出会った、とても勇敢な人間だったと」


 ペトーレは驚いたようにその人魚の顔をまじまじと見つめて、何度もうなずく。
「そうか……うん、そうか」
 どうやら何か、秘められた物語があったらしい。
 それを見ていたガーシュが、怪訝そうに声をかける。
「おい爺さん、その人魚とどういう関係だったんだよ? 婆さんに聞かれちゃまずい話か?」
「バカ野郎! まだわしが独身で、血気盛んなガキだった頃の話じゃわい! もちろんターニャには絶対言うな!」
 やっぱり聞かれたくないんだな。


 どうやら積もる話もあるようだし、俺たちは邪魔しないでおこう。
 ペトーレは人魚たちと熱心に話し込んでいた。笑顔にときおり、一抹の寂しさと安堵感のようなものが混ざっている。
 しばらくするとペトーレは戻ってきて、俺に笑いかけた。
「やれやれ、わしの武勇伝がようやくひとつ終わったわい。あんたのおかげじゃ、礼を言うぞ」
「武勇伝って」
 俺が呆れていると、ペトーレは胸を張って得意げな顔をする。
「若い頃はロッツォ次期太守、フィカルツェ家の貴公子として、そこらじゅうで華々しくやらかしたもんじゃ」
「奥方には言えないような武勇伝か」
「うむ、女房にはくれぐれも内密に頼む。まあ半分ぐらいはバレとるじゃろうがの」
 あっさり肯定しやがった。


 ペトーレは桟橋の向こうにいる人魚に手を振って、目を細める。
「五十年も前にたった一度だけ、それも一方的に迷惑をかけただけのバカな男のことを、覚えていてくれたとはの。元老院のクソどもより、魔族のほうがよっぽど温かい心を持っとるわい」
 それからペトーレは俺を見つめる。
「人魚たちをよろしく頼む。あんたらが人魚と友好的な関係なら、そう悪い連中じゃなかろう。ロッツォは魔王軍と同盟を結ぶ」
「ああ、よろしく頼む」
 俺はペトーレの皺だらけの、だが力強い手をしっかりと握った。


 俺とペトーレは館に戻り、今後についてあれこれと情報交換を行った。
 ひとしきり話し込んだ後で、ペトーレが俺に訊ねる。
「ところでヴァイト、あんたこれからどうするつもりじゃ? ベルーザに戻るのか」
 ベルーザに置いてきた魔王軍関係者は、もうみんな帰途に就いているはずだ。人馬兵の一部が連絡要員として残っているだろうが、それぐらいだ。
「俺たちは一度、リューンハイトに戻る。あまり長く留守にもしておけん。それに南部の他の都市にも、交渉に行く必要がある」
「なるほど、確かに急いだほうがええじゃろうな」


 ペトーレはそう言うと、執務室の机から書状を取り出す。
「密偵の報告によれば、北部はまだゴタゴタが続いとるようじゃ。ほれ、ランハルトとかいう勇者がどうとか」
「ああ、偽勇者か」
 懐かしい名前だ。
 ペトーレはこう続ける。
「ランハルトの関係者が、岩塩で有名な採掘都市クラウヘンの出身だったらしいんじゃ。経緯はよくわからんが、そこが今ちょっと揉めとるらしい」
 俺の視線は自然とラシィに向かう。
 ラシィは気まずそうな顔をしていたが、俺が目線で「何も言うな」と告げると、コクコクとうなずいた。


 ペトーレはそんな俺たちをじっと見ていたが、小さく溜息をつく。
「お前さんが何か仕掛けたんじゃろ? クラウヘンは今、北部でも微妙な立場らしいぞ」
 あくまでもラシィの意志を尊重しただけで、わざとじゃないんだがな。
 いやまあ、騒動の種にでもなればと思ってばらまいておいたのも事実だが。
「それに魔王軍に攻撃されたバッヘンなど三都市が、復興の遅れで不満を抱えとるらしいな。おかげで北部内でも微妙に亀裂が入っとるようじゃ」
 どうやら北部はまだ、こっちに攻め込んでくる余裕はなさそうだ。


 しかしペトーレはこうも言った。
「だがな、アホぞろいの元老院だって、いつまでもぼんやりしてるほど無能じゃねえからな。焦って何か仕掛けてくるはずじゃ」
 元老院はすぐに拙速な行動をするから始末に負えないのだと、ペトーレが溜息をつく。
 その近くでラシィがうんうんと力強くうなずいているので、俺は視線で黙らせた。
 となると、やはりのんびりはしていられないな。
「ペトーレ殿、情報に感謝する。残りの二都市との交渉も、可能な限り早く進めよう」
「ああ、そうしたほうがええ。北部に近い都市は余裕がないからの、味方に取り込むなら今のうちじゃわい」
 よし、急いでリューンハイトに帰るとするか。


 俺はここまでついてきてくれたガーシュと、桟橋で握手を交わした。
「ガーシュ、あんたのおかげで助かったよ」
「なあに、盟友の手伝いは当然だ。またいつでも遊びに来な」
 すっかり打ち解けたガーシュに、俺は笑顔を浮かべる。
 と同時に、聞いておくべきことがあった。
「あいつらはなんだ」
 俺の背後に整列しているのは、世紀末スタイルの屈強なモヒカンたち。
 ベルーザの陸戦隊だ。


 するとガーシュが笑顔で答える。
「あいつらはリューンハイトからの移民や、その子孫だ。何かあったときに援軍を送るにも時間がかかるから、このまま持ってけ。友好の証だ」
 持ってけって……。まるで畑で穫れた野菜みたいだ。
「噂で聞いてるぜ、リューンハイトは城壁を拡張して街をでかくしてるって。この人数ぐらいなんとかなるだろ。こいつらの給料なら、俺がちゃんと払っとくからよ」
「いや、それはいいんだが……」
 街作りがまだ途中なんだよな。
 それにこいつらがいると、俺が思い描いている魔都リューンハイトのイメージが崩れる。
「心配しなくても、規律の正しさは俺が保証するぜ」
「あんたの保証じゃアテにならんな」
「はっはっは、違えねえ!」
 もうやだこのおっさん。


 俺がどうやって断ろうか考えていると、モヒカンどもの中からひときわ体格のいいのが進み出てきた。二メートル以上ある大男だ。
「心配いらねえぜ、ヴァイトの旦那ぁ! 俺たちゃガーシュの親分の忠実な子分だ! 親分に恥をかかせるような真似はしねえ!」
 モヒカン頭でスパイクつきのメイスを担いで言われて、それを信用できると思ってんのか。
 だがガーシュは深くうなずいている。
「さすがはうちの幹部だけのことはある。おい、魔王の副官様に名乗ってやんな!」
「へい!」
 幹部モヒカンは巨大なメイスを軽々と振り回し、地響きを立てて足を踏ん張った。


「俺様はベルーザ陸戦隊隊長、グリズ! ベルーザ港の覇者とは俺様のことでさあ!」
 知らん。
 だが無視していると、次々にモヒカンたちが名乗りを始めた。
「俺はベルーザの荒波、ゴンザス! 投網使いだ!」
「マスト折りのベロッサだ! 陸戦隊でも指折りの力自慢よ!」
「海蛇バシュカー! ナイフの扱いならお手のものですぜ!」
「おい海蛇は俺だろうが! 海蛇イスペオ!」
「違う、俺が海蛇だ! 海蛇チャルーザ!」
 海蛇多すぎだろ。
 もしかしてこれ、五百人分全部聞かされるのか。
「あー、もういい。わかった。全員海蛇でいいぞ。連れていく」
「へい、ヴァイトの旦那ぁ!」
 結局俺は、このむさ苦しいモヒカンどもを五百人も押しつけられてしまった。


 いや、確かに統制はとれてるし、よく訓練されてて強そうではあるんだが。
「ヴァイトの旦那ぁ! これからカチコミですかい!」
「北部に攻め込むんなら、毛皮を用意しねえとな!」
「おお、肩当てだけじゃ冷えるからな!」
 服を着ろ、服を。
 この手の筋肉バカは、ガーニー兄弟だけで足りてるんだけどな……。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ