挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

289/407

狩猟王ヴァイト

289話


 俺も今まで、いろんなヤツと戦ってきた。
 だが虎というか猫科の魔物と戦うのは、たぶんこれが初めてだ。
 ヌエが吼える。ヌルッとしたしなやかな動きのせいで、次の行動が読みづらい。おまけに猛烈に速かった。
「うおぉ!」
 凶悪な爪の一撃を読み切り、前脚を受け流すことでかろうじてかわす。
 前世で猫パンチをくらって慣れていたのが、多少役に立ったかもしれない。


 俺の黒い狼の毛を、攻撃の余波がかすめていく。風圧だけでも人間ぐらいならよろめかせるだけの力があった。受け流す腕が痛い。
 直撃をもらえば人狼でも二、三発で動けなくなるな。
 一応高速治癒などの呪文はかけてあるが、回復が追いつかなくなりそうだ。


 だが逃げ回っていても、永遠に決着はつかない。そのうちクリーンヒットをもらってしまう。
 こいつを倒すしかない。
 繰り出される爪の下をかいくぐり、パンチを放つ。
「うおりゃあぁっ!」
 どこに当たったかはわからないが、いい手応えがあった。拳を深く押し込み、骨まで砕けろと力をこめる。


「大将!」
「隊長!」
 ジェリクたちの声が聞こえてくるが、今はそれどころではない。
 本当は連携して戦うつもりだったんだが、ヌエがかなり手強いから俺一人でやったほうが安全だ。牽制だけしていてもらおう。
「二人とも、常にこいつの背後をとれ! 注意を散らすんだ!」
「おう!」


 しかし幾度かの攻撃の応酬の末、俺は妙なことに気づいた。
 ひとつめは、ヌエは背後からの牽制に全く動じていないことだ。
 ジェリクたちがヌエの背後に迫ると、しっぽの蛇がシャーッという威嚇音をたてる。
 するとヌエ本体が背後を確認する。
 視覚や思考は共有していないようだが、ヌエは常に後方への見張りがいる状態らしい。


 もうひとつは、ヌエへのダメージが蓄積していないことだ。
 俺はさっきから何度もヌエにパンチやキックを叩き込んでいる。いくら魔物でも、これだけ殴られれば動きが鈍ってくるはずだ。
 ところがそんな様子が全く感じられない。ヌエの動きは疾風のように素早く、その一撃は風圧を伴うほどに強烈だ。
 魔力の流れを見たところ、どうやらこいつは俺の「ソウルシェイカー」に支配された空間からでも魔力を吸収しているようだ。
 ずるいぞ。その魔力は全部俺のものだ。


 こうなってくると、「自分は周囲から無尽蔵に魔力を吸い上げて好きなだけ回復し、相手の魔力は枯渇させて倒す」という俺の戦術が通用しなくなってくる。
 この森の中は超高密度の魔力が流れているから、相手がこれを回復に回しているのなら決着がつかない。


「おい大将、大丈夫か!?」
「いや、大丈夫なことは大丈夫なんだが……」
 ヌエの爪と噛みつきを続けて受け流しながら、俺は途方に暮れる。
 この程度の魔物、今さらどうということはない。油断したら俺も一瞬でボコボコにされてしまうだろうが、もっと恐ろしい連中は過去にいくらでもいた。


 しかしこれ、どうやって倒せばいいんだろうか。
 蹴っても殴ってもヌルヌル回復していくぞ。
 こんなことなら魔撃銃を持ってくればよかったな。ワに詳細を知られたくなかったので持ってこなかったが、ちょっと後悔する。
 そう思いながら何度目かの攻防を開始したとき、周囲が騒がしくなってきた。


「あっ、あそこだ!」
「ヴァイトさんが戦ってるぞ!」
「うわ、あれなに!? でっかいなー!」
「ひゃー怖い!」
 鎌や鉈で武装した猫人たちが、ニャーニャー騒ぎながら現れた。ようやく追いついたらしい。
 でも戦力にはなりそうにもないな。


 だが猫人たちが現れた瞬間、ヌエの動きが突然おかしくなった。
 周囲の猫人たちを見て、落ち着きを失ったようにうろうろし始めたのだ。俺との戦いは続けているが、もう注意が散ってしまっている。
「なんだ?」
 俺はヌエの動きを観察し、ハッと気づいた。
「そうか!」


 俺の予想が正しければ、こいつでケリがつく。
 俺はヌエに飛びかかると、慌てて逃げようとしたヌエの脇腹にしがみついた。これは賭けだ。
「くらえ!」
 俺は使い慣れた呪文をひとつ、ヌエの体に送り込んだ。


 直後に俺を振り払ったヌエは、反転して俺に攻撃しようとする。
 だが突然、恐ろしい悲鳴をあげた。
「フギャアアアァ!」
 ごろごろと転げ回り、四肢をめちゃくちゃに振り回す。口からは泡を噴いていた。
 どうやら予想が当たったようだ。


「みんな後退しろ! 動きが止まるまで近づくな!」
 俺は猫人たちを下がらせ、ヌエの動きを用心深く観察する。
 するとジェリクが警戒しながら近づいてきた。
「なあ大将、ありゃどうしちまったんだ?」
「あいつに高速治癒の魔法をかけたんだ。それが今、あいつの体内で暴走してる」
 俺は自分の傷を治しながら、幼なじみの親友に笑いかける。


「あいつのしっぽの蛇は、頭と意志を共有していなかった。別の生き物なんだ。翼もそうだ。空は飛べないにしても、羽ばたけばジャンプの補助ぐらいにはなる。なのに全く使わない」
 俺が話している最中も、ヌエは転げ回って木々をなぎ倒していく。岩にぶつかり血が飛び散るが、ヌエは転げ回るのをやめない。


「そしてあいつは猫人を襲わなかったし、猫人の声に異様な反応を示した。だから気づいたんだ」
 俺はジェリクをもう半歩だけ後ろに下がらせながら、つぶやく。
「あいつは猫人の変異体だ。変異が進みすぎてもう戻れなくなっているから、逆に高速治癒で変異を加速させてやった」
 残酷な方法だが、俺の魔法ではこれ以外に使えそうなものがなかった。


 ヌエの動きが次第に鈍くなっていく。後ろ足の関節が増えて、歩けなくなっていた。背中の翼も五枚になっているが、形がメチャクチャだ。
 治癒魔法とは、肉体を元の状態に戻す魔法の総称だ。
 だが変異体の場合、肉体に「元の状態」が記憶されていない。常に変異を繰り返しているからだ。
 これは腫瘍などでも同様なので、たとえばロルムンドの皇帝バハーゾフ四世の病気は治癒魔法で治すことができなかった。


 ジェリクは微かに同情をにじませながら、俺に問いかける。
「なあ大将、こいつを元の姿に戻してやる方法はなかったのかい?」
「ないんだ。『元の姿』が失われているから、現存する魔法技術ではどうにもしてやれない」
 脳にまで変異が及んでいたようで、同族とも意志疎通ができなかったからな。
 いずれは脳が完全に変異して、あのヌエは猫人も襲うようになっていただろう。


 治癒魔法は取り扱いが危険なので、ちょっとルール違反をすればすぐにこうなる。俺が勇者アーシェスとの死闘で勝機をつかめたのも、間違った治癒魔法を使ったからだ。
 今回は相手が「ヌエという種族」ではなく「猫人の変異体」だったので、高速治癒の魔法が効いた。
 しかし、正視するのがつらい光景だ。


 やがてヌエはぴくぴくと痙攣し、動かなくなった。
 俺は警戒しながら慎重に近づき、人狼の鉤爪に魔法をかけた。こいつの苦しみを早く終わらせてやろう。
「許してくれ」
 決着は一撃でついた。
 しかし、この勝利に喜びはなかった。


「やった!」
「ヴァイトさんすごい!」
「人狼って強いなー!」
「狩りの王様だ!」
 まだ事情を知らない猫人たちが歓声をあげるが、正直この事実をどう伝えたものか悩む。
 だがこのヌエの身元も確認してやらないといけないし、伝えない訳にもいかないだろう。


「実は……」
 俺はイズシたち世話役に、そっと事情を伝える。
 世話役たちはびっくりしたが、みんなしてヌエの死骸におそるおそる近づいていった。
 しばらくウニャウニャ相談した後、イズシが振り返る。
「隣の集落のダンダって猫人に似てるらしいよ。毛並みと目の色がそっくりだって。少し前に行方不明になってたし」
「……そうか」
 お前の名はダンダか。
 もう少し早く出会えていれば、助けられたかもしれないな。


 翌朝、猫人たちによってヌエ……いや変異したダンダは丁重に弔われた。遺骸は共同墓地に埋葬され、慰霊のために立派な「ダンダ塚」が作られる。
「ヴァイトさん、ヴァイトさん」
 俺がダンダ塚に手を合わせていると、イズシたち世話役が近づいてきた。
 みんな喪服姿で、そして真剣な表情だ。


「昨夜はありがとうございました、ヴァイトさん。猫人族を代表して、ヴァイトさんに『狩りの王様』の称号を差し上げます。猫人族に伝わる、最も格式高い称号です」
「ありがとう」
 格式高い称号だから謹んで賜るが、できればもう少しだけかっこいい響きだともっと嬉しかった。


「それと今回の件、ヴァイトさんから魔術師としての意見を聞きたいのですが」
 改まった口調で世話役の一人が言ったので、俺は「あくまでも一般論だが」と前置きした上で説明した。
「猫人は魔力との親和性が高い種族だと聞いている。体内に大量の魔力を蓄積できる、大きな器があると考えてくれ」
 猫と魔法はこちらの世界でも縁が深い。


「そしてこの土地は魔力があふれかえっている。高濃度の魔力で汚染されている、といってもいい。その魔力を大量に蓄積した猫人の体内で、変異が起きてしまったんだと思う」
 魔力は何にでもなるエネルギーだから、何だって起こり得る。
 ガソリンや火薬より反応性の高いエネルギーだから、軽々しく貯め込むと命取りだ。


 俺はそう説明し、専門家として世話役たちにこう言うしかなかった。
「おそらく今後も、こういった事例は起こり続けるだろう。事件にならなかっただけで、同じ事例は過去にもずっと起きていたはずだ」
 変異の大半は生存に不利なもので、簡単に致命的な事態を招く。変異した猫人のほとんどは、人知れず絶命していたはずだ。
 ダンダの場合は変異が偶然うまくいって、とんでもない怪物ができてしまった。
 それだけだ。


「なるほど……」
 世話役たちは難しい顔をして黙ってしまった後、俺に礼を言って、いったん帰っていった。
 彼らが「アソン様の秘宝を引き渡すので助けてほしい」と申し入れてきたのは、その日のお昼前だった。
※次回「猫人、就職する」は6月20日(月)の予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ