挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

288/415

288話


 俺たちはイズシたちの集落に戻ったが、各集落の世話役を集めた猫人族との交渉は難航した。
「アソン様の秘宝は、猫人族の存在意義そのものですからな~」
 緊張感のない声だが真剣な表情で黒い猫人が言うと、三毛の猫人がうなずく。
「そうなの。あの秘宝を守ることが、私たちの使命ですもの。アソン様が人間だったとはいえ、今の人間たちに引き渡せないわ」
 まあそうだよな。


 それにもうひとつ、もっと切実な理由がある。
 イズシはそれを単刀直入にズバリと言った。
「アソン様の秘宝がなくなっちゃうと、ボクたちの生活が困っちゃうしねえ。ワの人たちは、ボクたちの生活の面倒みてくれる?」
「どうだろうな……」
 絶対ないと思うが、俺は曖昧な返答でお茶を濁す。


 仕方ないので、俺は要求をトーンダウンさせることにする。
「あの秘宝、いつ爆発してもおかしくない状態だ。今ミラルディアから優秀な魔術師たちを呼び集めているから、とりあえず調査だけでもさせてくれないか?」
「まあ、それぐらいなら……」
 猫人たちは顔を見合わせる。


 ここに秘宝を置いた後、アソンは魔法道具専門の魔術師を探しに旅立ったはずだ。しかし彼は戻ってこなかった。
 だから猫人たちも、この秘宝に調査の必要があることはわかっている。
 わかってはいるのだが、彼らには抵抗感が強いようだ。


「せっかく今まで、人間たちともうまく折り合いをつけて暮らしてきたのになあ」
 茶虎の猫人が未練たらたらの口調で言うと、一同もうんうんとうなずいた。
「このままずーっと、今の生活が続けられると思ってたよねえ」
「できればそれがいいよねえ」
 働かなくていいもんな。
 俺だって立場が同じなら、同じ気持ちになるだろう。


 イズシが俺の顔をチラリと見る。
「もう千年ぐらいずっと危険はなかったんだから、あと千年ぐらいはどうにかならない? 千年が無理なら百年でもいいよ。ボクが死んだ後はどっちでもいいし」
 正直な意見ありがとう。そこまで素直に言えるのは、むしろ尊敬に値する。
 ただもちろん、「千年間無事だったから、あと千年間」というのは無理だ。
 そういう心理になるのはわかるが、あれはもって十年というところだろう。


「俺は何も、猫人族から秘宝や生活を奪おうというのではない。ただ魔術師として、あれはもう危険な状態だと言っているのだ」
 猫人たちには魔術師はいない。昔は結構いたらしいが、もう必要ないのでみんな魔術を学ぶのをやめてしまった。
 だから今、この危機感を理解できる猫人は一人もいない。


 案の定、みんな渋い顔をしている。
「うーん……なんとかならんかな~」
「そうだよねえ、働きたくないよねえ」
 イズシが素直すぎる意見を言い、みんなそれに真顔でうなずいている。
 気持ちはすごくわかるが、こんな正直な人たちを死なせたくない。


 どうやって説得しようかと迷っていると、泥だらけの猫人が集会所に駆け込んできた。
「たたた大変だ! オハジさん、俺たちの集落が一大事だよ!」
「おや、チクナじゃないか? どうかしたの?」
 黒い猫人が慌てて振り向くと、泥だらけの猫人が叫ぶ。
「怪物が集落を襲ってるんだ!」
 なんだと?


 隣の集落から駆けつけた猫人の話によると、不気味な姿の怪物が集落の食料庫を襲撃したという。
「虎みたいだけど、羽があったんだ。それにしっぽが蛇で……」
「ヌエか」
 猫人たちが険しい顔をしている。
 どうやらこちらでも、キメラ型のモンスターは「鵺」で伝わっているらしい。


 幸い、猫人たちに死傷者は出ていないようだ。ヌエは食料を喰い散らかすと、どこかに去っていったという。
 俺はただちに自分の任務を思い出した。
「家畜の盗難事件と関係ありそうだな。ジェリク隊、戦闘準備!」
「おう、大将! といっても、俺とゲオルしかいないぜ?」
「そうだった」
 残りの二人は急使として都に戻したんだった。
 そのうち戻ってくるだろうが、今は俺と二人の仲間でなんとかするしかない。


 ただちに俺たちは変身すると、荒野を駆け抜けて隣の集落に到着した。
 隣の集落の荒らされた食料庫でヌエの匂いを拾い、がんばって覚える。
 実は俺、人間以外の匂いについては、他の人狼ほど敏感じゃない。脳にインストールされているOSが人間だからだろう。
「確かに虎っぽいが、よくわからん。ジェリク、ゲオル、頼んだ」
「任せときな、大将」
「これなら覚えましたよ、隊長」
 頼りにしてます。


 俺たち、というかジェリクたちが臭跡をたどっていくと、その先は秘宝のある森だった。
「厄介な場所に逃げ込まれましたね」
 ゲオルが渋い顔をする。虎がベースになっている魔物の場合、森は絶好の狩り場だ。
 こちらも森は得意とする場所だが、土地勘がないぶん不利になる。


 だが俺は笑ってゲオルの肩を叩いた。
「目撃されているヌエは一匹だ。こっちは三人いる。負けやしないさ」
「それにその一人は、人狼最強の英雄ときたもんだ。なあ大将?」
 ジェリクがウィンクしたが、あまり期待されると胸がドキドキしてくるのでやめてほしい。
 信頼されるのって嬉しい反面、結構な重荷なんだよな。


 ともあれ変身した俺たちは森に踏み込み、慎重に進むことにする。
 その頃には猫人たちの間でも情報が伝わっていて、あちこちの集落から武装した猫人たちが集まってきていた。
「山狩りだ!」
「いやでも森だよね?」
「森狩りだ!」
「なんか迫力が出ないなー」


 大きな鎌や鉈を担いでニャーニャー言っている猫人たちだが、どうやら武力という点でも全くアテにならなさそうだ。
 小柄なのは仕方ないとしても、鎌を持つ手つきひとつとっても、武芸を嗜んでいる者のそれではない。
 他種族のいない場所でのんびり暮らしていたせいで、戦う力もすっかり衰えている様子だった。


 まあもともと、猫人が百人集まっても人狼一人に勝てるかどうか怪しい。ここは俺たちで何とかしよう。
「ジェリクとゲオルは組になって行動しろ。ヤツを追い立ててくれ。俺が仕留める」
「また大将、一番危ない役目かよ?」
「そうすりゃ誰も死なずに済みそうだろ?」
 一番強いからこそ、一番危険な場所で戦う。それが強い魔族の常識だ。


 俺はジェリクたちと分かれて、単身で森の奥へと潜り込む。
 魔法で知覚を強化しているので、今の俺ならヌエの匂いもはっきりとわかった。森の暗闇に、ヤツの獣臭い匂いが帯のように続いている。
 匂いが濃くなってきた。近づいてきたせいもあるが、ヌエが動きを止めているようだ。同じ場所に長く留まれば、匂いはそれだけ明確に残る。
 俺は風下で待ち伏せに使えそうな岩場を探し、そこに身を潜めることにした。


 ジェリクたちは風上から、わざと匂いを振りまきながらヌエに接近していく。人狼の匂いは猛獣の匂いだから、ヌエも警戒するだろう。
 俺は風下にいるので、双方の匂いがログのように流れてくる。
 よし、ヌエが反転した。こっちに来るぞ。
 俺は戦闘用の強化魔法を準備した。効果時間が短いから、なるべく直前に使いたいのだ。


 俺が準備を整えるとほぼ同時に、暗闇からヌッと巨体が姿を現した。
 でかい。
 虎のサイズじゃない。
 確かに外見は虎に近いが、これはもう象のサイズだ。
 そして闇よりも深い、漆黒の翼。シュルシュルという蛇の威嚇音のようなものまで聞こえてくる。


 次の瞬間、そいつは俺めがけて猛然と襲いかかってきた。
 待ち伏せに気づかれてしまったようだ。やっぱり俺は、人狼の狩人としては二流のようだ。
「来い!」
 そんな自分を奮い立たせるため、俺は叫ぶ。
 魔力の総量で見れば勇者とは比較にならないし、サイズだって島蛸よりは小さい。倒せるはずだ。


「ウオオオオォ!」
 魔の咆哮「ソウルシェイカー」を放ち、周囲に満ちる濃密な魔力を全てこちら側に引き寄せる。
 さすがのヌエも、ソウルシェイカーには相当驚いたようだ。見上げるほどの巨躯が一瞬、硬直した。
 だがさすがに、失神させるほどではなかったようだ。
 なら直接叩き潰すまでだ。
「来ないのなら、こちらから行くぞ!」
 吼えながら俺は突進した。
※次回「狩猟王ヴァイト」の更新は6月17日(金)の予定です。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ