挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人狼への転生、魔王の副官 作者:漂月

本編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/415

交易都市リューンハイト攻略戦(前編)

1話


 前世のことはあまり覚えていないが、思い出す必要も感じない。
 俺の今の名は、ヴァイトという。皆はあまり気にしていないが、個人的には発音に気をつけて欲しい。
 今の俺は魔物だ。


「ヴァイト様、潜入が完了しました」
「わかった。先遣隊から合図があれば、俺の指示を待たずに突撃しろ」
「はっ」


 人狼。人間から狼男に変身する魔物だ。
 変身前の俺は前世同様にぱっとしない顔立ちだが、変身後は黒い狼男だ。
 人間は怖がるが、俺はなかなか格好いいと自負している。転生先の種族としては「当たり」じゃないだろうか。


 現在の俺は、魔王の軍勢に所属している。魔王軍第三師団、副師団長。それが今の俺の肩書だ。
 大層な肩書に見えるが、各師団は小規模だし副師団長は数人いる。
 俺が今回指揮するのは人狼隊の五十六人と、師団長から借りた犬人族の工兵が二百ほど。
 そして攻撃目標は、辺境の交易都市だ。城壁に囲まれた、人口三千人ほどの街だ。
 名をリューンハイトという。


 俺は森の奥から、丘の下にある街を見下ろした。
 傍らに控える犬人族の伝令たちが、新たな報告を行う。
「駐屯している敵は、およそ二百名。治安維持のために散らばっています」
「間違いないだろうな?」
 するとビーグル似の少年兵が、困ったように首を傾げた。
「潜入中の人狼隊からの報告なので、ボクたちにはわかりません……」
「それもそうだな」
 我々に与えられた任務は「殲滅」ではなく、「占領」だ。
 俺は歩きながら、伝令たちに指示を出した。
「全ての犬人隊に進軍開始を伝えろ。予定通りだ」
「はっ」


 伝令たちがそれぞれの部隊に駆け戻っていくのを見送ってから、俺は街に向かって歩き出す。
 都市を囲む城壁の門で、衛兵たちが通行人を監視している。俺も見られたが、今の俺はどこから見ても普通の人間、冴えない黒髪の青年だ。
 ヘルメットに胸甲だけの簡素な出で立ちの衛兵が、短槍を携えて俺を呼び止める。
「お前さん、見ない顔だな」


 俺は背負った荷物袋から、鳥をかたどった小さな笛を出した。
「オモチャの笛を納品に来た仲買人です。ペトゥン商店まで」
「ふむ」
 衛兵はそれを手に取り、軽く吹く。スピョロロロという間抜けな音がした。
「おもしろいでしょう?」
「おもしろいかな……?」
 俺の笑顔に、衛兵は困ったような笑顔で笛を返してきた。
「通っていいぞ」
「どうも」


 ちょうどそのとき、城門周辺が騒がしくなってきた。
「怪物だーっ!」
「たすけてくれーっ!」
 行商人たちが荷物を抱えて、必死の形相で駆け込んでくる。


 たちまち周囲は騒然となった。衛兵が行商人たちを取り囲む。
「どんな怪物だ!?」
 すると彼らは真っ青な顔で、こう答える。
「い、犬! 犬の顔をした連中です! 武器を持ってた!」
「凄い数です!」
「早く! 早くやっつけて!」
 衛兵たちは顔を見合わせたが、すぐに行動を開始する。
「鐘を鳴らせ! 三回だ!」
「本部へ伝令! 他の城門にも通達しろ!」
「城門を閉じるぞ! みんな中に入れ!」
 うろたえる旅人、子どもを抱いて逃げる住民、周囲は大混乱だ。
 一方、衛兵たちはよく訓練されていて、動きに無駄がない。よく統率されている。士気も高く、なかなか優秀だ。


 俺は人混みに紛れて街に入ると、売り物の笛をひとつ取り出した。見つからないように、それを思いっきり吹く。
 音は鳴らない。だが俺たち人狼には聞こえている。これは犬笛だからだ。
 作戦は次の段階に移行する。
 俺は怪しまれないよう、ゆっくりと街の中心部へと向かった。そこに太守の館があるのだ。
 しばらくすると、街の中も騒がしくなってきた。


「怪物がいるぞ!」
「犬の化け物だーっ!」
 事前に潜入していた人狼隊が変身して、行動を開始したようだ。大騒ぎになっている。
 だがやっかいな衛兵たちは城壁に釘付けだ。
 おまけに情報が混乱していた。「街の外に犬人がいる」のと「街の中に人狼がいる」のがごっちゃになっている。
「犬の怪物だ!」
「衛兵が応戦してる、大丈夫だ!」
「そ、そうか」
 見事に混乱の極致だ。しかし可愛い犬人と精悍な人狼の区別ぐらいつけて欲しいものだ。俺たちは犬じゃない。


 状況は予定通り、心配していたトラブルは何も起きていない。そろそろ頃合いなので、俺も変身することにした。
 大きく深呼吸し、内側に秘めた衝動を解放する。
「ウオオオオォ!」
 何度やっても変身は爽快だ。力があふれてきて、気分が高揚する。このわくわくっぷりは子供のようだ。


 だがもちろん、周囲の人間たちにとっては、わくわくどころではない。
「ひいいぃ!?」
「きゃあああああっ!」
「怪物だあーっ!」
 慌てふためく人々に、俺は苦笑してしまう。もっとも今の俺は狼頭の獣人だから、威嚇して牙を剥いているようにしか見えないだろう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ