挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
すべて ひとしい ひとつの花 作者:髙津 央

序章

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/444

001.内戦の終わり

 男は空を見上げた。
 低い雲が垂れこめ、今にも降りだしそうだ。毛布の破れのような切れ間から、薄青い空が(のぞ)く。そこから漏れる光が、冬の湖を(まだら)に照らしていた。
 半世紀前なら、漁で賑わっているところだが、静かな湖面に船影はない。
 遠雷。
 いや、爆撃機の編隊。雲間に鳥よりも大きな影が差す。
 初老の男は、緑色の眼で機影を追う。

 先日、「国連の仲介で、間もなく和平協定が結ばれる」との報道があったが、相変わらず、空襲は続いている。地上戦も終わっていない。
 和平案を有利に持って行きたいからか、弾薬を余らせることを勿体(もったい)ないとでも思っているのか、戦闘は却って激化していた。

 男の足下は、世界最大の塩湖ラキュス。
 底の分厚い靴で湖水を踏みしめ、微風(そよかぜ)に揺れる湖面をゆっくりと進む。
 足跡の代わりに波紋が広がり、静かに消えた。砂地を行くような足取りで、(さざなみ)の立つ水面を歩く。男の影に驚いて、小魚の群が逃げた。

 湖底には、無数の船舶や戦闘機が沈んでいる。
 残骸が網を食い破るので、魔法の使えない陸の民は、漁に出られなくなった。
 湖の民は【(すなど)伽藍鳥(ペリカン)】学派の術で魚を獲るが、攻撃を避ける為、日のある内は出漁しなくなった。

 風が立ち、男の短い髪をなぶる。
 瞳と同じ緑の髪。男は湖の民の漁師だった。【操水】の術で湖面を歩き、迎撃地点へ向かう。
 湖面に紛れる迷彩服には、薄青い糸で刺繍が施されていた。全て文字。耐火、防寒、衝撃吸収、姿隠し、魔除け……様々な防禦の術が「力ある言葉」で縫い取られている。

 男の迷彩服は、単に敵味方を識別する為の軍服ではない。魔力を持つ者が着用すれば、籠められた術が効力を発揮する「鎧」だった。

 緩やかに波打つラキュス湖を易々と歩く。
 男の遥か上空を戦闘機の群が通り過ぎる。
 もし、男に【索敵】の術が使えるなら、その翼に描かれたキルクルス教の象徴「星の道」も見えただろう。

 攻撃目標は、ネーニア島北部の都市。
 湖の南西岸、アーテル地方の基地を飛び立ち、ラキュス湖南部に浮かぶ島々を爆撃する。

 既に主要な都市の大半が焦土と化し、多くの民が灰にされていた。
 この半世紀で、チヌカルクル・ノチウ大陸本土に近いランテルナ島は、アーテル地方の「力なき民」……魔力を持たない陸の民の占有下となった。
 ランテルナの北に浮かぶネーニア島は、湖の民と「力ある民」……魔力を持つ陸の民が、力なき民の勢力から防衛している。

 銅山を有するネーニア島は、湖の民の生命線だ。
 髪の緑は銅の色。湖の民は必須のミネラルとして、陸の民より多くの銅を必要とする。
 ラキュス・ラクリマリス共和国の主要産業は、農林水産業、水運、銅山の鉱業。金額的には、鉱業に依存している。ネーニア島まで奪われる訳にはゆかなかった。

 男が口を開く。
 自然言語とは全く異なる言語で、塩湖ラキュスに命令を下す。
 「優しき水よ、我が声に我が意に依り、起ち上がれ。漂う力、流す者、分かつ者、清めの力、炎の敵よ。起ち上がり、我が意に依りて、壁となれ」
 この地方の言葉……湖南語に翻訳すると、このような意味になる。

 力ある言葉の命令に従い、男の足下から湖水が起ち上がった。盛り上がった水塊が見る見る(かさ)を増し、巨大な壁となる。
 町ひとつ呑むかのような水の山が、生物的な動きで伸び上がる。
 男がその背に乗り、指示を出す。
 水の壁を更に伸ばし、雲の上へ建てる。本人は、まだ雲の下。水の壁に取り込まれ、雲が消える。

 爆撃機の三隊目が間近に迫っていた。唐突に表れた巨大な壁を回避できず、そのまま呑まれる。
 敵機一編隊十二機を呑み、水は球状になった。巨大な水滴の中で、エンジンが停止する。パイロットは脱出を試みるが、水流は中心に向かって対流し、機も人も水滴の中で翻弄された。

 男が、敵機を呑んだ水塊をゆっくりと地上へ下ろす。
 ネーニア島の北部でも、同様の手段で防空が成されている筈だ。

 男の手の中で、幾つもの結晶が力を出し切り、砕けた。
 「仇は討ったぞ」
 破片に囁き、(てのひら)を開く。
 雲に穿(うが)った穴から光が降り、結晶の破片がきらめく。微細な破片は風に乗り、零れ落ちる涙のようにラキュス湖へと注いだ。

 それから三カ月。
 和平が成立し、ラキュス・ラクリマリス共和国は三分割された。

 旧王家ラクリマリス家を戴き、王制復古したラクリマリス王国。
 ネーニア島の南半分とネーニア島の南東に散らばるフナリス群島を保持する。
 元の王家を含め、住民の六割が力ある民。力なき民は一割。湖の民は三割。ラクリマリス王家は銅山を死守し、経済的な優位を保っている。

 アーテル党を第一党とするアーテル共和国。
 湖の南岸アーテル地方と、ランテルナ島を得た。
 住民のほとんどが、魔力を持たない陸の民……「力なき民」で、一神教のキルクルス教徒。
 アーテル地方の民は、キルクルス教国として独立した。
 旧ラキュス・ラクリマリス王国とそれに続く共和国は、多神教であるフラクシヌス教を国教としていた。王家及び旧政府とは宗教的に対立していた為、アーテルの民は、信仰を勝ち取った喜びに湧いている。

 残るひとつは、ネモラリス共和国。
 ネーニア島北部と、その東に浮かぶ森の島ネモラリスを領し、湖東地方への玄関口を押えた。
 住人の七割がフラクシヌス教徒の湖の民。
 三割の陸の民の大半は、魔力を持たない力なき民だ。その約半数を占めるキルクルス教徒は、摩擦を避ける為、リストヴァー自治区に移住させられた。
 陸の民の内、多神教のフラクシヌス教徒や、力ある民は、自治区外での居住を許されている。

 多くの不満や不安を抱えながらも、半世紀に亘る内乱に終止符が打たれた。
 三分割された各地域内で、小競り合いは散発したが、元の内乱に比べれば、取るに足りない規模だった。
 和平合意の決定が覆されることはなく、平穏な日々が三十年、それと同時に、小さな不満も三十年、積み重ねられた。

 挿絵(By みてみん)
 ▲ラキュス湖南地方、和平成立後の地図。
 地図を追加しました。
 設定などの詳細は「野茨の環シリーズ 設定資料」でご覧ください。
小説家になろう 勝手にランキング
▲参加中です▲

野茨の環シリーズ 設定資料
シリーズ共通設定の用語解説から「すべて ひとしい ひとつの花」関連の部分を抜粋。
用語解説01.基本☆ 人種など、この世界の基本
用語解説02.魔物魔物の種類など
用語解説05.魔法☆この世界での魔法の仕組みなど
用語解説10.薬品魔法薬の説明など
用語解説11.呪符呪符の説明など
用語解説15.呪歌魔法の歌の仕組みなど
用語解説06.組合魔法使いの互助組織の説明
用語解説07.学派【思考する梟】など、術の系統の説明
用語解説08.道具道具の説明など
用語解説09.武具武具の説明など
用語解説12.地方 ラキュス湖☆ラキュス湖周辺の地理など
用語解説13.地方 ラキュス湖南 印暦2191年☆「すべて ひとしい ひとつの花」時代の地図と説明
用語解説14.地方 ラキュス湖南 地理☆湖南地方の宗教や科学技術など
用語解説18.国々 アルトン・ガザ大陸☆アルトン・ガザ大陸の歴史など
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ