ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9807EA

異世界で恋した143ページ

連載中全1部分 1部分目を読む
あらすじ それは突然の出来事だった。いつも通りの日常が狂ってしまったのは…
学校から帰宅途中に起こったのは主人公を襲うかのように深く濃い霧だった。霧に飲まれて意識を持っていかれる…夢の中で見たのはある部屋にいる自分。外を見ると現実世界とか全く異なる場所。そう異世界に転移していたのだった。夢はそこで終わり、目が覚めるとそこは夢の中で見た世界だったのだ。しかも、貴族の屋敷だったのだ。異世界で暮らして行くと決めた主人公は屋敷の貴族から出された条件を全てクリアして学校に通うことになる。異世界の学校。そこで起きる楽しくも悲しい恋の物語
作者名 西田 智哉
キーワード R15 異世界転移  悲恋 ラブコメ 西洋 男主人公 ほのぼの 星球大賞2
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 06月12日 21時56分
最新部分掲載日 2017年 06月12日 21時56分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,353文字
N5663EB| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
大切な家族を幼い時に亡くした主人公は心に傷を負っていた。 高校2年の春、幼馴染の真季によって主人公は少しずつ心を開いていき、成長していく。 悲しみの後にはまた悲しみありの感動物語
N9807EA| 小説情報| 連載(全1部分) | 異世界〔恋愛〕
それは突然の出来事だった。いつも通りの日常が狂ってしまったのは… 学校から帰宅途中に起こったのは主人公を襲うかのように深く濃い霧だった。霧に飲まれて意識を持っていかれる…夢の中で見たのはある部屋にいる自分。外を見ると現実//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ