ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9741EL

うちのクラスに勇者がいる

あらすじ うちのクラスには勇者がいる。授業中にいきなりおもちゃの聖剣を掲げて「魔の気配がするわ! 皆伏せて!」とか叫ぶのはいつものことで次第にクラスメイトの反応も薄くなり、遂には先生までもが呆れて何も言わなくなってしまった。そんな奇行の数々に彼女に近付く者はほとんどいないし、できれば僕も関わりたくない。

「あなたから魔の気配がするわ! さては魔族ね!」
「な、何のことか分からないけど、とりあえず聖剣をこっちに向けないで!?」

しかしどうやら彼女の中で僕は魔族らしく、事あるごとに絡んでくる。おかげで最近では僕まで変人扱いされるようになってしまった。それにしても人のことを魔族呼ばわりなんて失礼な勇者だ。これでも僕は魔王だというのに。
作者名 きなこ軍曹/半透めい
キーワード R15 残酷な描写あり  ラブコメ 主人公最強 学園
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 12月30日 11時37分
最新部分掲載日 2018年 01月17日 17時42分
感想 0件
感想受付停止中
レビュー 0件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 4,918件
総合評価 11,303pt
ポイント評価 729pt  : 738pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 54,242文字
N9741EL| 小説情報| 連載(全21部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
うちのクラスには勇者がいる。授業中にいきなりおもちゃの聖剣を掲げて「魔の気配がするわ! 皆伏せて!」とか叫ぶのはいつものことで次第にクラスメイトの反応も薄くなり、遂には先生までもが呆れて何も言わなくなってしまった。そんな//
N7298CU| 小説情報| 連載(全178部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 昔、回復魔法を見てすっかり魅了されてしまった俺。しかし教えてもらうには多大な寄付金が必要になる。一般家庭の俺じゃどう背伸びしてもそんな金は出せない。ってことで独学で勉強しました、それはもう必死に。でもそろそろ独学では限//
N5888DY| 小説情報| 連載(全39部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
優秀な魔法師を輩出する王立魔法学院。そこに一人の新任教師がやって来る。彼が専門にするのは極端に使い手の少ない古代魔法。ほとんど詠唱の必要がない現代魔法に比べて、特定の詠唱が必要な古代魔法は、使い勝手や効率の悪さから劣化魔//
N4547EF| 小説情報| 連載(全41部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
僕は周りから変な評価をされることが多い。それも過大評価。襲ってきた雑魚モンスターを倒せば、Sランク指定のモンスターだったとか。適当に魔法を唱えれば、忘れ去られた古代魔法だとか。下位精霊を喚べば、やれ高位精霊だとか。あまつ//
N9729EI| 小説情報| 連載(全24部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
俺の主は魔王様、5歳。とても可愛い。「わらわはさいきょうなのだー!」と最上級魔法をぶっ放す姿は何とも微笑ましく、それに比べれば最上の美貌を持つ聖女も、世界を救う勇者も鼻くそみたいなものだ。そんな魔王様との日常を脅かす奴が//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ