ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9517EA

とある男の日常。

短編
あらすじ これはとある男の人の在り来たりな日常。
作者名 マリサメ
キーワード 私小説 文フリ短編小説賞2
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 06月12日 13時07分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 480文字
N6002EC| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
初恋を経験する年ではないと思っていた。こんなにも日々が幸せになるとは。しかしこの初恋は絶対に叶わない落とし穴があるのを俺は知っている……
N5993EC| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
煩い。母親から聞いた最初の言葉は多分煩いだった。 煩い、煩い、煩い。僕はその言葉に埋もれてる1つの言葉が欲しかっただけだ。
N9517EA| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
これはとある男の人の在り来たりな日常。
N6943DZ| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
一人の男性が女性に恋をしたそれはどこにでもある普通の恋愛。ただ他の人とは少し違うところがあって?
N8812DR| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
少年には一つの考えがあった。それは親への恩返し。なら大きく出よう。少年は出世をする為に志願をする。お得意の弓を背に乗せながら。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ