ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9504BR

『ヒトラーに憑依しました』連載版

あらすじ とある日、気付けば俺こと日向虎樹はドイツ第三帝国総統のアドルフ・ヒトラーに憑依していた。
歴史上の人物達と話しつつ、そして世界は第二次世界大戦へと発展していくが俺はドイツが史実のようにならないよう奮闘する事にした。

作者名 零戦
キーワード 残酷な描写あり  総統〇下シリーズあり ネタ ドイツ国防軍のオタ化
ジャンル 歴史〔文芸〕
掲載日 2013年 07月06日 23時49分
最新部分掲載日 2016年 01月18日 07時00分
感想 278件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2,776件
総合評価 8,337pt
ポイント評価 1,366pt  : 1,419pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 109,429文字
N1305CG| 小説情報| 連載(全87部分) | 歴史〔文芸〕
三好将和は高校卒業を控えたある日、大阪の日本橋に遊びに来ていたが気付けば明治の日本(皇居)にタイムスリップをしていた。 あらすじ変更予定
N1492CW| 小説情報| 連載(全5部分) | 歴史〔文芸〕
気付いたら青年はは三好長慶に憑依していた。 とりあえずは天下統一を目指す!と意気込む長慶である。
N9504BR| 小説情報| 連載(全43部分) | 歴史〔文芸〕
とある日、気付けば俺こと日向虎樹はドイツ第三帝国総統のアドルフ・ヒトラーに憑依していた。 歴史上の人物達と話しつつ、そして世界は第二次世界大戦へと発展していくが俺はドイツが史実のようにならないよう奮闘する事にした。
N9703CO| 小説情報| 連載(全37部分) | 歴史〔文芸〕
大東亜戦争末期、本土決戦が備えられていた日本で静岡県の相良油田を守備するために中規模の独立部隊が創設され相良油田に配備された。 しかし彼らは忽然と姿を消してしまった。彼らは油田施設ごと戦国の世にタイムスリップしてしまった//
N0086CQ| 小説情報| 連載(全3部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
秋津洲皇国は隣国のツァ―リ帝国と戦争をしていた。 秋津洲皇国海軍航空隊に所属する新米パイロットの葛城将博少尉は空戦中にとある女性パイロットを目撃した。 物語はそこから始まるのである。

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n9504br

『ヒトラーに憑依しました』連載版 - 歴史ファンの大航海時代

いやあ。かなり長期間放置してました。放置中はWIZを相変わらずやったり、小説を読んだりしておりました。PCがなかなか立ち上げれないのですよね。そろそろ携帯からブログを書くほうが
URL:http://dolmeke.blog11.fc2.com/blog-entry-1709.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ