ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9373ED

あの子は笑ってそう言った

短編
あらすじ  苦しかった。
 すごく。すごくすごくすごくすごく。苦しくて、仕方なかった。

 怖かった。
 目の前は真っ暗で。とても不安で。
 怖くて怖くて、仕方がなかった。

 そんなときに、あの子が言ったんだ。

 ねえ、わたし、間違ったのかな。
作者名 調彩雨
キーワード R15 残酷な描写あり  サイコホラー 夏のホラー2017 グロ注意 メリーバッドエンド
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 08月02日 23時27分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 14pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 8,503文字
N8161CU| 小説情報| 連載(全66部分) | 異世界〔恋愛〕
ツェツィーリア・ミュラー公爵令嬢は、乙女ゲームの悪役令嬢である。 ゲームヒロインの前に立ちふさがり、彼女の恋路を阻み、邪魔し、妨害して、最後にはヒロインと攻略対象の愛の前に敗北し、没落する。 これは、そんな悪役令嬢ツェ//
N9373ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 苦しかった。  すごく。すごくすごくすごくすごく。苦しくて、仕方なかった。  怖かった。  目の前は真っ暗で。とても不安で。  怖くて怖くて、仕方がなかった。  そんなときに、あの子が言ったんだ。  ねえ、わたし//
N7939EA| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
 わたしには、未来が見える。  わたしが死んだあとの未来で、わたしは血塗れ女王の二つ名を与えられた、稀代の大悪女だった。遠い遠い先の未来までわたしの悪名は轟き、後生に現れたどんな悪名高い女にも追随を許さず、世界一の悪女//
N2707DT| 小説情報| 連載(全8部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ここではない、とある世界の物語。 四季の国と呼ばれる国は、ひとりの王と、四人の女王、ひとりの魔女と、ひとりの魔法使いによって支えられていました。 ところがある年のこと、魔法使いが国王に反発し、いなくなってしまいます。次//
N0388DS| 小説情報| 完結済(全27部分) | 童話〔その他〕
妖精がいたずらをして、ほかの生きものをこまらせすぎることがないように管理する役目を持つ魔女。 そんな魔女のひとりであるハウラプは、森の悪い魔女としておそれられていました。 あるとき、妖精がいたずらをやめるかわりに、生ま//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ