ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9363EF

深窓のご令嬢が凡人のぼくに恋を教えてくれるそうです

あらすじ 人を好きになる理由をぼくは知らない
周りの人間が付き合っては別れる過程を[好き]と言うのだろうか
誰もが経験しているはずの事が分からずに僕、月之瀬満(つきのせ みちる)は今日
青春の聖地とも言われる高校 如月ヶ丘(きさらがおか)高校に入学し
文武両道 深窓のご令嬢とも言われる少女、君敵時雨(きみがたき しぐれ)
と出会う
作者名 えま
キーワード 青春 私小説 ラブコメ 学園もの 現実世界 男主人公 成長
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 09月06日 22時29分
最新部分掲載日 2017年 09月17日 16時56分
感想 3件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 14pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 17,239文字
N9363EF| 小説情報| 連載(全8部分) | 現実世界〔恋愛〕
人を好きになる理由をぼくは知らない 周りの人間が付き合っては別れる過程を[好き]と言うのだろうか 誰もが経験しているはずの事が分からずに僕、月之瀬満(つきのせ みちる)は今日 青春の聖地とも言われる高校 如月ヶ丘(きさら//
N4708EG| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
ぼくは生前、ごく普通の家庭に生まれ、人間最底辺の頭脳と運動能力を備え、学園生活を送っていた。 一寸先の将来への道は真っ暗。一寸の希望もないことからぼくは親や友人から『一寸法師』と呼ばれていた。 そんなぼくに嫌気が差したの//
N4612EG| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
ぼくは、星がきれいな夏の夜、最期の場所を求め、海を歩いていた。 生きる気力なんて皆無で、ふらつく足取りでさ迷う。 そんなぼくに夜風に溶け込む声で 「君の人生は星のように眩しく、曖昧なものだね」 とささやかれる。 これは、//
N2568EG| 小説情報| 連載(全4部分) | 異世界〔恋愛〕
人とは、パラドックスであり、矛盾の塊である いつかの偉人はそう言った。この世界なんて矛盾だらけで、理屈が簡単に通るほど甘くはない。 僕はある日夢をみた。矛盾を嫌い、矛盾を司る、存在が矛盾している神様に俺と幼なじみの少女、//
N2081EG| 小説情報| 連載(全2部分) | 現実世界〔恋愛〕
ぼく望月千尋は絶賛売れっ子の漫画家だ。いや売れっ子だったと言っておこう。 ある日僕は漫画の取材である町を訪れた。そこは活気があり近代テクノロジーで溢れていた。そんな景色に目を奪われ、周囲の警戒をおろそかにしていた。 狭い//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ