ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N9097DT

幻想の淑女マリアンヌ

あらすじ 王子の寵姫、マリアンヌ・ド・ラファイエットが殺された。
誰が彼女を殺したのか、嘘をついているのは誰なのか――――“マリアンヌ・ド・ラファイエット”とは、果たして何者だったのか。

※死産や流産について言及する描写があります。
作者名 ほねのあるくらげ
キーワード R15 残酷な描写あり  信頼できない語り手 男装 一部インタビュー形式 寵姫 嘘 陰謀 悪女
ジャンル 推理〔文芸〕
掲載日 2017年 01月29日 16時09分
最終部分掲載日 2017年 02月09日 21時19分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 30件
総合評価 85pt
ポイント評価 13pt  : 12pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 97,781文字
N2251DV| 小説情報| 連載(全37部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
王になれない王族、存在を疎まれた法術師、不遜にして怠惰な天才、四番目の王子ヴェルガ=アルフェンアイゼ=エスティメス。彼は成人後臣籍に下り、国王の側近になることが定められていた。当然ヴェルガは王太子候補にすら数えられない己//
N3116DE| 小説情報| 連載(全63部分) | 異世界〔恋愛〕
同盟のために異国の王のもとへ嫁ぐ事になった小国の王女アーニャ。そんな彼女を待っていたのは、熊のような大男だった。 彼はアーニャを迎えるなりこう言い放つ。「お前はあくまで飾りだ」と。 ――――これは気弱な少女が、不器用な青//
N0047EC| 小説情報| 完結済(全14部分) | ホラー〔文芸〕
数年前に廃校になった母校で、肝試しを兼ねた同窓会が行われるらしい。
N9097DT| 小説情報| 完結済(全18部分) | 推理〔文芸〕
王子の寵姫、マリアンヌ・ド・ラファイエットが殺された。 誰が彼女を殺したのか、嘘をついているのは誰なのか――――“マリアンヌ・ド・ラファイエット”とは、果たして何者だったのか。 ※死産や流産について言及する描写がありま//
N3004DS| 小説情報| 完結済(全10部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
殺人事件が多発している事以外は何の変哲もない田舎町。その片隅で、小さな恋が生まれた。 「君の事が好きだから」――――そう告げた人の手は、いつだって赤く染まっている。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ