ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8670ED

モノカキスト

連載中全1部分 1部分目を読む
あらすじ 文章がかけないというものは物書きにとって地獄であり、成長の兆し。そして私は、何を踏みつけてでも「上」に行く。
作者名 優。
キーワード R15 
ジャンル エッセイ〔その他〕
掲載日 2017年 08月01日 20時57分
最新部分掲載日 2017年 08月01日 20時57分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 16pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 731文字
N7696EM| 小説情報| 連載(全2部分) | エッセイ〔その他〕
思考に毒されている。他人は私には必要ない。そう割り切ったつもりでも、私は甘くてバカでアホで間抜けだった。
N1041DU| 小説情報| 連載(全12部分) | エッセイ〔その他〕
私が小説を書き始めて半年が経ちました。初期の悪夢のような日々を思い出にすると同時に文章を書けたらなと思い執筆することにしたのです。
N1145EL| 小説情報| 連載(全3部分) | エッセイ〔その他〕
私はキラキラを求めて歩いている。走ることは出来ない。
N3913EK| 小説情報| 連載(全2部分) | エッセイ〔その他〕
私にとっての幻想とはなんだろう? 答えに行きつくことが出来れば私は――
N9629EH| 小説情報| 連載(全2部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
私たちは――アルラをしていた。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ