ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8498DK

真実はいつも一つだと思ったらダメだよ

短編
あらすじ 僕は本を読んでいた。僕の部屋には、インスピレーションを元に幻想世界に飛んでいける機能がある。そこで目にした真実。それは、この世界の本当の真実への鍵であった。
作者名 卒間藤雄(ソウツマン)
キーワード ギャグ コメディ 追及 思案 文学
ジャンル コメディー〔文芸〕
掲載日 2016年 07月22日 03時13分
最終更新日 2016年 07月22日 03時29分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 12pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,036文字
N0170DW| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
男の恋の行く先は、やり場のない闇の中であった。
N3211DT| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
ボールペンはインクが無くなりました。可哀想なボールペン。
N5695DS| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
悠貴から別れの話を切り出された三津子の心には、虚無が訪れていた。彼と過ごした一年間は、彼女にとってはかけがえのないものとなっていた。彼の心と、彼女の心は分かり合えなかった。だが、二人の心は遠い場所で繋がっていた。
N9501DR| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
僕は彼女が好きだったのかもしれない。だからスマートフォンでメッセージを送った。なのに、彼女から返信は来なかった。 現代社会を生きる「僕」の恋愛が迎える意外な結末に君は何を思う?
N9499DR| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
雨の降った日。思い出の回想。もしかすると、それは純愛だったのかもしれない。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ