ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8438EM

断片、その一つ。

短編
あらすじ  人はみな、自己という闇を抱えている。
 しかしその闇の存在に気付く者は、果たしてどれだけいるのだろうか。根源的恐怖のその正体を、知る者はどれだけいるのだろうか。

 これは、その闇のほんの断片。
 誰の目にも触れるべきではない、ある一個人の煩悶と苦痛の欠片である。故に価値はなく、答えもない。終わりもなければ、始まりもない。

 今後、断片が追加されるかは、終ぞ不明である。
作者名 名もなき落伍者
キーワード 詩 閲覧注意 見る価値なし 評価される価値なし ひっそりとそこにある 掃きだめ
ジャンル その他〔その他〕
掲載日 2018年 01月14日 02時55分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 5pt
ポイント評価 2pt  : 3pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 390文字
N8464EM| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
 断片、その二つ。  人間は常に自己との葛藤に苛まれる生き物である。それがいつ訪れ、答えを得るかは定かではない。しかし、すでに答えは与えられ、目の前には確かな道筋があろう。  人がもし、踏み外すことがあるのなら。  足//
N8438EM| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
 人はみな、自己という闇を抱えている。  しかしその闇の存在に気付く者は、果たしてどれだけいるのだろうか。根源的恐怖のその正体を、知る者はどれだけいるのだろうか。  これは、その闇のほんの断片。  誰の目にも触れるべき//
N5767EM| 小説情報| 連載(全6部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 主人公――牧田タクマは、スポーツショップに勤務するサブカル好きなごく普通の男性である。彼は夢を持っていた。『一度でいいから、心の躍るような冒険をしてみたい』――と。  タクマは自身の中にあるそんな願いを胸に、もう一つの//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ