ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8309EC

バイオリン

短編
あらすじ バイオリンを買ってもらった。
自分が下手なのを知って、すぐに捨てたいと思った。
作者名 奥田徹
キーワード 日常 青春 バイオリン 捨てたい 同級生 教室 旅人
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 07月15日 21時44分
最終更新日 2017年 07月15日 22時10分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 34pt
ポイント評価 14pt  : 14pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,378文字
N8974EJ| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
僕が手紙を書いている同時刻に、彼女は死んだ。 僕はやりきれない気持ちになり、大学にも足が向かないでいた。 そんな時、従姉の陽子から、「一週間だけおじいちゃんの面倒見てくれない?」 と、頼まれ引き受けることに。
N4956EI| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
十年会っていない同級生が死んだ。 彼女について、沢山の噂を耳にした。 僕は彼女と過ごした忘れられない一日がある。
N9538EH| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
どうも、僕は勘違いしていた。 気がつけば、一人きり。とてもさみしい。 まだ間に合うだろうか。
N6959EG| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
娘がギャルになっていて、僕は「あなた」を思い出した。
N8309EC| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
バイオリンを買ってもらった。 自分が下手なのを知って、すぐに捨てたいと思った。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ