ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8302E

かくれんぼ

短編
あらすじ 微かな音がして、わたしは目を覚ました。遠くから子どもの遊ぶ声が聞こえてくる……ある夏の日の小さな情景です。

(2009年10月3日 加筆訂正)
作者名 魚住すくも
キーワード 青春 夏 高校生 夕立 ほのぼの 少女
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2008年 08月10日 19時57分
感想 4件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 16pt
ポイント評価 9pt  : 7pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,713文字
N5608F| 小説情報| 連載(全5部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
ある夏の日、池の端で女の人が倒れるのを目撃した文夏(ふみか)。文夏は女の人を介抱するが……。ブックカフェを舞台にした、一つの家族のものがたり。
N7107CZ| 小説情報| 連載(全7部分) | エッセイ〔その他〕
わすれもしない、2015年10月10日。 わたしは吐血して救急車で運ばれた。 初めての胃カメラ、輸血、そして胃がんの告知……。 忘備録を兼ねて綴りたいと思う。
N8741DO| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
7月7日、夜11時。あたしはいつものようにラジオをつけた。DJが優しく話しはじめる。 今日は特別編らしい。えっ?  と思った瞬間、呼び鈴がなった――。 *** 2013年の“角川Twitter小説コンテスト”に投稿//
N7940CZ| 小説情報| 完結済(全6部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
5月のある日、小さなギャラリーを見つけた英里佳。店主の茉由理と顔なじみなり、アカリを紹介される。ひょんなことからアカリと二人展をすることになり…… *** 2013年の“角川Twitter小説コンテスト”に投稿した作//
N9990DI| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
母親を亡くした少女は祖母に連れられて長い旅路を行く。 ――おばあちゃん、あれ。 少女は指を差す。山の向こうに巨大な竜巻。 竜巻は人を攫っていくという……。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ