ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8170BE

予測可能少年

あらすじ 『超能力で』と言うと現実では起こり得ない気がするが、『科学の力で』というと可能な気がする。
僕の力もそんな科学の力で出来ることらしい。
周囲の状況を把握して分析し、数分後の未来を予測する『シミュレーター』の能力。
僕はそれをじいちゃんからもらった。
そのことが原因で僕は色々な機関から狙われるはめになる。
襲ってくる連中は何者?じいちゃんは何をさせたかったのか?
個性的な仲間との旅のなかで謎が徐々に解けてゆく。
作者名 ぶれます
キーワード 異能力バトル 冒険 人工知能 サイエンス 未来予測 シミュレーション 現代(モダン) 高校生 少女 性転換 ハイテク TS
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2012年 05月06日 09時57分
最新部分掲載日 2014年 07月16日 23時33分
感想 2件
レビュー 0件
ブックマーク登録 23件
総合評価 94pt
ポイント評価 24pt  : 24pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 75,178文字
N8170BE| 小説情報| 連載(全34部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
『超能力で』と言うと現実では起こり得ない気がするが、『科学の力で』というと可能な気がする。 僕の力もそんな科学の力で出来ることらしい。 周囲の状況を把握して分析し、数分後の未来を予測する『シミュレーター』の能力。 僕はそ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ