ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8142EI

正義のおはなし

短編
あらすじ 海を隔てた先にはまだ見たこともない世界が広がっているのだと聞かされた。彼が何度もねだったからだ。大きなオシロも賑やかなオマツリも、彼にとっての夢で憧れで希望だった。

───
少年の住む村は、蒼い海に浮かぶ小さな小さな小さな島にあった。あまりにも貧しい生活──豊かな自然以外に良いところなんかこれっぽっちもない。けれど、少年は幸せだった。父と母と妹、愛しいひとたちに囲まれて暮らした思い出が、彼を幸福たらしめた。
あるいはきっと、幸せでなければよかったのだ。そうすれば不幸にはならなかったのだから。

髪や肌や瞳の色が違っても、
心は通じると信じて疑わなかった。
作者名 春野一郎太
キーワード 残酷な描写あり  時代小説 怪獣 二次創作 ネット小説大賞六 差別 ネット小説大賞六感想 シリアス ファンタジー 歴史
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2017年 10月29日 18時01分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 10pt
ポイント評価 4pt  : 4pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,641文字
N8505EK| 小説情報| 連載(全6部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
ある事件をきっかけに高校を退学になった少年・深陽。数ヵ月経っても転校出来る学校は見付からず、勉強は遅れ、時間は無情に流れていく。人生詰んだかと思った矢先、しかし彼は魔法学校『コローナ・ボレアリス学院』に招かれることになる//
N5321EF| 小説情報| 連載(全24部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
 東京24区の北に位置する美菜崎区。  そこで暮らすクレイシとレイは同性の恋人同士だ。もう付き合って一年近くなるけれど、お互いに本名は知らない。年齢も知らない。家族構成も、出身も、過去も、何故おたがいに愛したのかも、な//
N8142EI| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
海を隔てた先にはまだ見たこともない世界が広がっているのだと聞かされた。彼が何度もねだったからだ。大きなオシロも賑やかなオマツリも、彼にとっての夢で憧れで希望だった。 ─── 少年の住む村は、蒼い海に浮かぶ小さな小さな小//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ