ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8091EH

狼犬と蜂蜜

あらすじ 美しい真っ白な毛並みをもった大きな犬は、ある日人間たちから、神様のお使いだと人々から崇められるようになります。美しい犬は、戸惑いを抱きながらも、人間たちの願いを叶えてあげられるように、いつしか、本当の神様となり、人々から“狗神様”と敬われるようになるのですが、狗神様となった美しい犬に待ち受けているものは、決して、人間たちの優しさや美しい願いだけでは、ないのでした。
作者名 佐野すみれ
キーワード ほんのりファンタジー 妖神様 少女 狼
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 10月10日 17時25分
最終部分掲載日 2017年 10月12日 20時19分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 5件
総合評価 54pt
ポイント評価 23pt  : 21pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,745文字
N0212EL| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
無能な少女ができる。たった一つのこと。
N9592EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
ポーカーが嫌いな少女のおはなし。
N8564EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
体重という数字が表す意味について考えを巡らせる少女のおはなし。
N8170EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
尻尾がなくてよかったと安心する少女のおはなし。
N7807EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
縄に縛られたいと、縄に自由を与えて貰いたいと、渇望する少女のおはなし。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ