ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8051CU

おはようおじさん

短編
あらすじ 「おはよう!」
 今日もおはようおじさんが挨拶してくれた。
 うちの学校の七不思議の一つ【おはようおじさん】の主人公だ。
 おはようおじさんはいつも校門の横にいる。
 そして、いつも挨拶をしてくれる。
 彼には挨拶以外の言葉をかけてはいけない。
 なぜなら……
作者名 半田付け職人
キーワード 夏のホラー2015 夏ホラー七不思議 おはようおじさん
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2015年 08月05日 22時18分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 44pt
ポイント評価 19pt  : 19pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,086文字
N4218CT| 小説情報| 連載(全86部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
「ようこそ。  ここは始まりの都市、ファスタルだよ」  そのセリフだけが市民Aに与えられた役割だった。  彼には細かい設定も名前もない。  ただ、最初の街の名前をプレイヤーに説明するだけ。  でも、長い間それをこなすうち//
N3880CT| 小説情報| 連載(全8部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
※ しばらく仕事が多忙のため、九月中頃までは更新できないと思います。 ※ 10月12日更新再開しました。  本エッセイは小説執筆、ゲーム製作共に素人である作者が小説家になろう様に投稿した自作の小説(チートなし異世界生活//
N8051CU| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
「おはよう!」  今日もおはようおじさんが挨拶してくれた。  うちの学校の七不思議の一つ【おはようおじさん】の主人公だ。  おはようおじさんはいつも校門の横にいる。  そして、いつも挨拶をしてくれる。  彼には挨拶以外の//
N2123CQ| 小説情報| 完結済(全119部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
 会社員の三枝 佑翔(サエグサ ユウト)は会議中に突然異世界に飛ばされてしまった。  何の事情説明もなく、何のチートも与えられていないが、自分自身の知識と経験で異世界を生き抜いてみせる、と、本人は思っていた。  古代文//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ