ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N8045DK

死の世界の入り口はすぐそこに

短編
あらすじ 僕は世界に辿り着いた。その世界で待ち受けていたものが幸福であったかそうでないかの判断はできるはずがなかった。その世界は現実世界のとある歪みを作り出していた!? 僕はその世界で何を見るのか。
作者名 卒間藤雄(ソウツマン)
キーワード R15 残酷な描写あり  怪談 シリアス ダーク 現代 バッドエンド
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2016年 07月21日 03時49分
最終更新日 2016年 07月21日 11時18分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,374文字
N0170DW| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
男の恋の行く先は、やり場のない闇の中であった。
N3211DT| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
ボールペンはインクが無くなりました。可哀想なボールペン。
N5695DS| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
悠貴から別れの話を切り出された三津子の心には、虚無が訪れていた。彼と過ごした一年間は、彼女にとってはかけがえのないものとなっていた。彼の心と、彼女の心は分かり合えなかった。だが、二人の心は遠い場所で繋がっていた。
N9501DR| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
僕は彼女が好きだったのかもしれない。だからスマートフォンでメッセージを送った。なのに、彼女から返信は来なかった。 現代社会を生きる「僕」の恋愛が迎える意外な結末に君は何を思う?
N9499DR| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
雨の降った日。思い出の回想。もしかすると、それは純愛だったのかもしれない。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ