ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7595BZ

天宮の煌騎士〈ルキフェリオン〉

あらすじ 【EpisodeⅠ. 白羽の騎士と無銘皇女】 

 常在戦場を旨とするスベイレン帝国国立騎士学校に所属するリドレックは《白羽》の二つ名で呼ばれる劣等生。
 二年連続最下位の成績を叩き出し、所属していた騎士団寮を追い出されたリドレックを待ち受けていたのは、美少女三人とのハーレム生活だった!?

 危険極まりないバトルロイヤルに身を投じるリドレック。
 様々な人々の思惑が交錯する闘技大会の裏で、帝国を揺るがす陰謀が動き始める。

 天空に浮かぶ学園都市を舞台に、落ちこぼれ騎士の活躍を描くSF冒険ファンタジー!

 ――少女の願いが、少年を最強の騎士へと変える――

【EpisodeⅡ. 狂戦士の帰還】

 テロリストの脅威を退けたリドレックは落ちこぼれ騎士から一転、騎士学校最強の騎士へと呼ばれるようになっていた。
 成り上がり者のリドレックの慢心した態度は、周囲との様々な軋轢を生むことになる。
 いじめ虐げていた者達は報復を恐れ、勘違いから友人たちはリドレックの元から去って行く。
 孤立するリドレックの前に、新たな刺客が現れる。

 ゼリエス・エト――かつて友と呼んだその男は、人殺しだった。

【EpisodeⅢ. 神の迷宮】

 スベイレン騎士訓練校で、迷宮攻略戦(ダンジョンマッチ)が開催されることになった。
 リドレックをリーダーとして桃兎騎士団の代表、六人パーティーで空中迷宮《パンドラ・ボックス》に挑む。
 迷宮の奥にある《聖遺物》を目指すリドレックに、統率を欠いたパーティーは崩壊の危機を迎える。
 一方、試合の裏ではかつての宿敵たちが暗躍していた。
 姿を現した二人の刺客を相手に、無銘皇女が立ち向かう。
 
 
 

 
 
作者名 真先
キーワード R15 残酷な描写あり  異能力バトル SF 剣と魔法 貴族 超能力 姫 戦争 戦闘 少年 シリアス ライトノベル 現地主人公 未来 コメディ ダンジョン
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 03月01日 20時38分
最終部分掲載日 2015年 10月28日 00時05分
感想 7件
レビュー 0件
ブックマーク登録 336件
総合評価 910pt
ポイント評価 119pt  : 119pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 381,260文字
N6513EF| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
公園の壁画に描かれたへのへのもへじ。 そこには、一人の少女の想いが込められていた。
N9041DM| 小説情報| 完結済(全52部分) | 推理〔文芸〕
 賞金総額三億二千万円。クラス全員が容疑者。不可能犯罪に中学生が挑む!  地方都市、日野原市にある日野原中学校に通う女子中学生、加納瑞樹が転落死した。  選抜クラスに通う、成績優秀、品行方正の資産家令嬢の死に、周囲は激//
N7595BZ| 小説情報| 完結済(全104部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
【EpisodeⅠ. 白羽の騎士と無銘皇女】   常在戦場を旨とするスベイレン帝国国立騎士学校に所属するリドレックは《白羽》の二つ名で呼ばれる劣等生。  二年連続最下位の成績を叩き出し、所属していた騎士団寮を追い出され//
N5772CR| 小説情報| 完結済(全25部分) | 空想科学〔SF〕
 ぼくの名は苫務ネイト。  国家認定のニート様だ。  待機労働者センターで悠々自適のニート生活を送るぼくの元へ、ある日管理局のお偉いさんがやって来た。  なんだか世界がピンチらしい。ぼくの力が必要なんだって。  よし、何//
N2201CC| 小説情報| 完結済(全18部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 天空に浮かぶ学園都市を舞台に、若き騎士たちの活躍を描く『天宮の煌騎士』  本編では語られることのなかった彼らの日常を描く短編集。 【Episode 1: 聖地巡礼】  スベイレン騎士学校を追われた落ちこぼれ騎士、リ//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n7595bz

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ