ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7461EB

悠遠のエクリプス

あらすじ その世界には、奇妙な『腕輪』の伝説があった。
なんでもその腕輪を身に付けた者には強大な力が与えられる代わりに、逃れられぬ破滅が待ち受けているだろう――という伝説だ。

所詮そんなものは作り話だと、伝説を信じていなかった無愛想な青年、アベル・ランドールは暴漢に襲われていた銀髪の少女、アルヴィス・エリントンを図らずとも助け出す。
運命か偶然か、その少女は腕輪の持ち主だった。ひょんな事からアベルは自ら信じていないと言った腕輪を装着し、力を身に付ける事となった。
しかしその腕輪は一度装着したら外れないようになっており、”腕輪を外す方法を見つける”というひとまずの目的を掲げたアベルは、その方法を知っている人物に心当たりがある、と語るアルヴィスと共に故郷、バスティオンを旅立つ事となる。

これは真逆の性格を持つ二人が紡ぐ物語。それは日常の中に紛れた、ほんの一かけらの異常。
その一かけらに触れてしまった彼らの旅路とは、果たして――


Twitterアカウント
片栗粉@小説家になろう
https://twitter.com/katakuriko_suke
作者名 片栗粉
キーワード R15 残酷な描写あり  オリジナル戦記 異能力バトル 冒険 シリアス 魔法 超能力 男主人公 近代 群像劇 王道 腕輪 OVL大賞4
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 06月26日 18時31分
最新部分掲載日 2018年 02月23日 21時07分
感想 52件
※ログイン必須
レビュー 3件
ブックマーク登録 129件
総合評価 703pt
ポイント評価 231pt  : 214pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 185,582文字
N7461EB| 小説情報| 連載(全44部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
その世界には、奇妙な『腕輪』の伝説があった。 なんでもその腕輪を身に付けた者には強大な力が与えられる代わりに、逃れられぬ破滅が待ち受けているだろう――という伝説だ。 所詮そんなものは作り話だと、伝説を信じていなかっ//
N6838EN| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
バーチャルYouTuberのニーツ様、あっくん大魔王様に向けたファンエッセイです。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ