ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7460DQ

私がヒロインを許さない

短編
あらすじ 私だけは、私だけは許さないから。

これは、とある少女がヒロインを許さない理由のお話。
作者名 モコショコ
キーワード R15  悪役令嬢 ダーク 女主人公 学園 乙女ゲーム? ヒロイン
ジャンル その他〔その他〕
掲載日 2016年 11月24日 15時32分
感想 3件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 79件
総合評価 402pt
ポイント評価 121pt  : 123pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,336文字
N7826EJ| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
人里離れた場所に建てられた家には賢者が住んでいるらしい。その場所には賢者の友達しか訪れないようだ。 賢者と呼ばれる少女は今日も訪れる友達を柔らかな笑顔で出迎える。 「こんにちはぁ」
N3106EJ| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
君が私に頼むから、私は笑ってこう言うの。 「しょうがないな」ってね。
N9200EI| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
ハッピーハロウィン!
N0059EI| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
とある王国、既になくなり幽霊となったお姫様と国に召喚された勇者のお話
N6711EG| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
伝えられないの、私は貴方に伝えられないの。それが悲しくて、辛いの。

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n7460dq

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ