ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7216DR

最強の鑑定士って誰のこと?~満腹ごはんで異世界生活~

あらすじ ★カドカワBOOKSさんより、1巻、2巻発売中。電子書籍もあります。ただいま3巻作業中。よろしくお願いします。
★コミカライズ決定しました。来年1月、「B's-LOG COMIC vol.60」で連載開始。「『ComicWalker』の「異世界コミック」ページ」でも連載決定です。

乙男(オトメン)である男子高校生、釘宮悠利(くぎみやゆうり)は、ある日唐突に異世界に召喚されてしまった。しかもダンジョンの中に。幸いにもクラン《真紅の山猫(スカーレット・リンクス)》に拾われた悠利の異世界での生活が始まった。
え?所持技能(スキル)【神の瞳】が超レア?そのせいで職業(ジョブ)が探求者?つまり、鑑定系の最強?確かにそういったものは所持しているが、乙男(オトメン)が異世界で手に入れたのは、……気ままに気楽なスローライフ(主夫生活)でした。

これは、異世界転移したのに、チートも貰ったのに、全然気にせずに、乙男(オトメン)街道を突き進み、主夫っぽい生活を満喫する少年のお話。

※サブタイトル変更しました。旧題:最強の鑑定士って誰のこと?~乙男の異世界生活~

※注意!※
書いている人間が「異世界でのほほんスローライフ読みたい」という思いだけでやらかしているので、真面目に時代、文化、文明などの考証をしておりません。基本行き当たりばったりのなんちゃっての、伝家の宝刀「ご都合主義!」を発動させます。
それでも宜しい方のみお読み下さい。お気に召さない方は、速やかにブラウザバックぷりーず!
作者名 港瀬つかさ
キーワード 異世界転移  日常 ほのぼの 主人公は乙男 チート持ち だけど無双しない モテモテ オカン的な意味で 飯テロ ご都合主義 鑑定要素は1割以下? 書籍化
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 12月16日 17時42分
最新部分掲載日 2017年 12月06日 22時40分
感想 1,749件
※ログイン必須
レビュー 10件
ブックマーク登録 25,426件
総合評価 61,282pt
ポイント評価 5,195pt  : 5,235pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 520,809文字
N7216DR| 小説情報| 連載(全113部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
★カドカワBOOKSさんより、1巻、2巻発売中。電子書籍もあります。ただいま3巻作業中。よろしくお願いします。 ★コミカライズ決定しました。来年1月、「B's-LOG COMIC vol.60」で連載開始。「『Comic//
N4283EK| 小説情報| 連載(全5部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
Twitterやかくどんなどに、ぽいぽい息抜きで投下していた小ネタを移動させただけです。 いつか続きを書くかも知れないし、書かないかも知れない。 とりあえず、自分用に保管場所として作りました。 お気に召した小ネタがありま//
N9402DH| 小説情報| 連載(全97部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ワタシ、榎島未結(エノシマミユ)は、気づいたらやり込んだRPGゲーム『ブレイブ・ファンタジア』の世界に居た。それはまだ良い。 ついうっかり、「この国、5年後に滅ぶくね?」という、ゲームネタバレな発言をしてしまった。しかも//
N6865EG| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
死神は、困っていた。 あの世へ連れて行くべき幽霊が、何故か、パソコンの前から離れないのだ。 己の死後、パソコンに齧り付く幽霊の理由と、早くお仕事を終わらせたい死神のお話。
N9799ED| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
世界には、見る人の数だけ形がある。見えない人には解らない世界がある。異質を見る狭間の人間と、境界を閉ざす閂を落とす枢木の人間。 これは、寄り添う二つの一族が、その中の当代と呼ばれる者達が、永い時間を共にすることになった、//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n7216dr

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ