ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N7071BN

依存的彼女

あらすじ ある夏の日、俺の人生が変わった。いや、変えられた。一つの事件によって。家族を失うばかりか、左腕と嗅覚と左耳の聴覚も失った。だけど命は消えなかった。だからこそ俺は生きなければ。自分に依存する彼女を殺すわけにはいかないから。彼女が元に戻るその日までは。
作者名 紫黒 紅
キーワード 残酷な描写あり  恋愛 シリアス 現代(モダン) 学校/学園 高校生 依存 ミステリー
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2013年 02月22日 20時34分
最終部分掲載日 2014年 08月11日 15時40分
感想 13件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 352件
総合評価 997pt
ポイント評価 147pt  : 146pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 266,908文字
N5974EE| 小説情報| 完結済(全7部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
バイト無し、サークルは幽霊状態、そして単位は崖っぷち。東京の大学に通う神田陽路は、そうした毎日を無為に送っていた。そんな大学二年の夏、下宿先の都合で田舎の実家に帰ることになる。退屈な帰省になると思っていたが、そこには初め//
N1687DY| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
世界を記録するために旅をする青年ログは、旅の途中に、崖地の隙間に出来たかのような谷に辿り着く。そこで彼は、一人の少女と出会い……
N7071BN| 小説情報| 完結済(全60部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
ある夏の日、俺の人生が変わった。いや、変えられた。一つの事件によって。家族を失うばかりか、左腕と嗅覚と左耳の聴覚も失った。だけど命は消えなかった。だからこそ俺は生きなければ。自分に依存する彼女を殺すわけにはいかないから。//
N4425BW| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
陽がくれていくころ、ぼくはいつも一人公園で遊んでいた。ぼくには友達がいなかったからだ。だけど、こんなぼくに話しかけてくれた子がいた。こんどこそ、ぼくに友達ができるといいんだけれどな。
N7271BM| 小説情報| 完結済(全5部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
十九世紀イギリス――そこには奇妙な噂があった。この国のどこかに不思議な店がある。 しかし、全ての人にそこを訪れることは出来ない。その資格がある者のみがまるで磁石に引き寄せられるが如くその店を尋ねることが出来るのだ。 そし//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n7071bn

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ