ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6997DI

【演目】小鳥が飛ばなければ話にならないので

あらすじ 約束なんてものは、その瞬間を盛り上げるだけの、クリスマスの飾りつけみたいなもんでございます。後生大事に飾ろうなんて、実に馬鹿げております。
作者名 佐々雪
キーワード 日常 私小説 男主人公 落語風 現代 文学フリマ短編小説賞 約束 小鳥
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2016年 06月07日 21時39分
最終部分掲載日 2016年 06月15日 19時14分
感想 5件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 66pt
ポイント評価 30pt  : 28pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,282文字
N5883EK| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
今は大好きな人も、それぞれ自分の帰るべき場所へと帰っていく。来週はまた会えるだろうか。来月は?来年は?10年後は? 「帰り道」をテーマに書いた作品です。 夕凪もぐら様主催の「帰り道を探して」の企画参加作品です。
N7941EJ| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
からすがめえめえないたら しゃぼんだまが落ちるよ
N3277EJ| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
タイトルのまま。 なんだここは。どうやったら出られるんだ。 ※異世界転移といえばそうかもしれないので、一応そのキーワードをつけます。一般的なそれと間違ってたらごめんなさい。
N1138EJ| 小説情報| 完結済(全3部分) | 純文学〔文芸〕
 それにしても、今夜の月はちょっと多すぎる。せめて4個くらいで勘弁してほしいものだ。  月のことはなるべく見ないようにしているんだけどさ。こうも月がふえちゃったら、どうやっても目に入ってしまうじゃないか。イヤになっちゃ//
N4635EI| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
チャイムの音がした。 ドアを開けると、全身黒いスーツで、黒い猫耳をつけた女の子が立っていた。 彼女はそっと名刺を差し出す。 『NKK(猫・可愛い・協会)会員No.222 真夏夏美』

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ