ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6957DQ

魔王様の邪悪な邪悪な秘密計画

あらすじ 異世界に召喚された少年は、自分がその世界の魔王が転生した存在だと知る。無敵の勇者に対抗するための『邪悪な秘密計画』を思いついた少年は、魔王として世界征服に乗り出すのだった。

第一部「魔王と勇者編」

それから異世界で二十年が経過し、世界は魔王の脅威にさらされていた。
そこで十一人目の勇者として召喚された高校生、高橋拓海(たかはしたくみ)は、かつて二人目の勇者として召喚された同級生の少女が魔王の奴隷にされていることを知り、魔王を倒すために旅立つことを決意する。
旅をする中で目にした魔王の侵略の実態を見て疑問を覚える拓海。
その一方、魔王はそんな拓海の様子を伺いながら、着々と世界征服を進めていた。
魔王が進める「邪悪な秘密計画」の実態とは果たして何なのか?

<勇者Side>は拓海視点、<魔王Side>は魔王視点で進行します。

第二部「伝説の勇者編」

かつて、この世界に召喚されて魔王を倒した伝説の勇者、佐藤誠が二百八十五年ぶりに再び召喚された。それを見た魔王は動揺を隠せない。一方、日本での生活では二十八年が経過し既にアラフォーとなっていた誠は、キャリア警察官として警視庁の方面本部長まで昇進していた。警察官僚として組織の管理運営経験も豊富な誠は、その智恵と経験を生かして魔王に対抗しようとするが……

第三部「最後の勇者編」

人類最後の都市である王都は、既に魔王軍に十重二十重に取り囲まれ、陥落を待つのみとなっていた。そこで人類最後の希望として召喚された『最後の勇者』は、力強く『世界を救う』と宣言するが……

※カクヨムにも重複投稿しています。
作者名 結城藍人
キーワード 異世界転移  冒険 男主人公 魔王 勇者 チート 魔法 ハッピーエンド 女勇者奴隷 魔王転生 姫騎士 オーク 主人公最強 不死身
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 11月23日 14時01分
最終部分掲載日 2017年 06月29日 12時00分
感想 51件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 838件
総合評価 2,222pt
ポイント評価 273pt  : 273pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 101,560文字
N1003EM| 小説情報| 連載(全17部分) | エッセイ〔その他〕
つらつらと巨大ロボにまつわる話を書いていこうかと思います。 毎日更新できるといいな…… ※「カクヨム」にも重複投稿しています。
N5625EL| 小説情報| 完結済(全8部分) | アクション〔文芸〕
「わたくしの名はジャスティナ・ゴールドフィールド! 知的・衝撃的・破壊的天才少女探偵ですわ!!」 無法の荒野に現れた天才美少女探偵は悪党どもを許さない! その助手こそ、身長二メートルを超える巨漢、銕(くろがね)二八郎!!//
N2202EL| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
桃から生まれた桃太郎と桃双太の双子の兄弟は、大きくなって弟の桃双太が鬼ヶ島に鬼退治に向かい、兄の桃太郎は家を守るために留守番しました。しかし、鬼どもが桃太郎の住む村に攻めてきたので…… 子供に自作の童話パロディを寝物語//
N4911EK| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
三匹の子豚は、わらの家、木の家、レンガの家をそれぞれ作りました。 狼が襲ってきたとき、わらの家と木の家は役に立たず、三匹ともレンガの家に逃げ込んで狼を撃退しました。 しかし、その後もお兄さん豚たちはわらの家と木の家を作り//
N0787EJ| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
いなばの白うさぎ、ってタイトルから思いついちゃったんですよう。ごめんなさい。 「カクヨム」にも重複投稿しています。

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n6957dq

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ