ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6896CB

夜汽車にて

短編
あらすじ 夜行列車に乗った思い出。
今はもう経験できない世界を感じられるか。
四十年前の思い出のひとコマです。
作者名 齋藤一明
キーワード 鉄道 昭和 ノスタルジー
ジャンル 詩〔その他〕
掲載日 2014年 04月22日 16時16分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 28pt
ポイント評価 10pt  : 10pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,331文字
N8758CG| 小説情報| 完結済(全12部分) | 歴史〔文芸〕
つい最近まで当たり前のようにあったものが姿を消しています。 世の中は便利になりました。しかし、その便利さは合理化でしかありません。 合理化に追いやられる仕組み、合理化が招いた現実を見直してみたいと思います。
N0214EK| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
晩秋の一日、文学賞を受賞した友の晴れ姿を目に焼き付けんと、私た列車に乗った。 私より更に遠い関西からも友が駆けつけ、短いながら心を通わせ合った。
N2525EG| 小説情報| 連載(全9部分) | 純文学〔文芸〕
私は二年ほど前に定年を迎え、とりたてて何をするでもなく日々をついやしている。費やすというと惰性でいきているようだが、実際にこれという目標がないのだから、敢えてそう言うことにしている。  そんな私の唯一の努めは、定期的に通//
N1961EH| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
昭和三十四年九月二十六日 小学一年生の私は、かつてない災害にみまわれた。  
N7626EC| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
住宅地に取り残された雑木林。 そこに居を構える男が、敷地内に廃棄家電を運び込み、ゴミ屋敷になっている。 そんな投書があり、俺は取材に出向いた。 するとそこには作業場があり、初老の男が二人でゴソゴソやっていた。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ