ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6772E

初夜権

短編
あらすじ 今から遡ること数百年前。中世ヨーロッパには、ある迷信とそれに関する悪しき風習があった。それは婚儀を迎えた花嫁の処女を、聖職者が奪うという初夜権というものだ。
作者名 馬路キレ子
キーワード 大人向け 中世 シリアス ロマンス エンターテイメント 国家/民族 悲劇 貴族
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2008年 07月18日 20時11分
最終更新日 2008年 07月18日 20時19分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 28件
総合評価 166pt
ポイント評価 53pt  : 57pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 14,640文字
N3018F| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
25歳になるまで恋という感情がわからなかった女と、2つ年下の男の付き合いが始まって5ヶ月。普通の恋愛は、彼女らにとって劇的にアブノーマルだ。
N8578E| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
僕らは飛ばす。誰もが皆感じてきた思い出の翼を。
N7570D| 小説情報| 連載(全14部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
物質文明が一つの区切りを迎えた時…。供給に飽和する欲望の渦の中で、人々の心の中に闇が蠢く。迫る奇妙な黒い眼の狩人たち。そして人間は、人間を超越した。繰り返される刹那的律動の中で。
N7817E| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
どうしようもない貧乏書生、人から穀潰しと呼ばれる私は、泥棒の背を追っていた。金の匂いのする泥棒の背を。
N6772E| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
今から遡ること数百年前。中世ヨーロッパには、ある迷信とそれに関する悪しき風習があった。それは婚儀を迎えた花嫁の処女を、聖職者が奪うという初夜権というものだ。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ