ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6750EJ

また、明日

あらすじ 「おはようございます、カッセル様」
 ブルーナ家の朝はその一言から始まる。
 それを合図にジェナの首から陶器のように冷たく真っ白な指は離れて行く。
作者名 斯波
キーワード R15 残酷な描写あり  シリアス ダーク 西洋 貴族
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 11月14日 14時25分
最終部分掲載日 2017年 11月17日 18時00分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 20件
総合評価 125pt
ポイント評価 43pt  : 42pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,470文字
N6084EO| 小説情報| 完結済(全10部分) | 異世界〔恋愛〕
「この戦いから帰ってきたら聞いて欲しい話があります」--とリシェーラに言い残してディートリッヒは魔物討伐へと向かった。だが討伐から帰還したディートリッヒが彼女の元を訪れることはなかった。彼は彼女に何も告げずに城を去ったの//
N5980EG| 小説情報| 完結済(全62部分) | 異世界〔恋愛〕
幼いころ、大人になったら好きな人と結婚するのだと当たり前のように思っていた。それが当然のことであると信じて疑うことをしなかった。そんな私、モリア・サンドリアは借金の片としてカリバーン家に引き取られることになって--。
N8931EO| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
『魔族』・『魔物』――種族名に『魔』とつく、たったそれだけの理由で昔から人間に虐げられてきた。
N6694DY| 小説情報| 連載(全9部分) | 異世界〔恋愛〕
シルフィーは心に誓った。 『悪役令嬢』になんかなったりしない--と。
N8929EO| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
チェーン展開している喫茶店の隅の席で小さく机を叩く。 憧れの作家である久賀美里先生のサイン会に出向いてからというもの、私は自分の感情に抑えをつけられなくなることが増えた。   その原因は明らかである――憧れの小説家の//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ