ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6471DI

竜のわたる夜

短編
あらすじ 魔術師たちが住む国「クルトディア」。
そこは便利と不便が混ざり合うとても不思議な国だった。
当然のように家に住み着く精霊たちや、突如、上空を通り過ぎようとする竜の群れなど、ほかの国のものなら、卒倒しそうな出来事も、彼ら魔術師にとってはごく自然のことであり、愛すべき日常の一つだった。この日の夕刻も、たくさんの竜が南へわたるため、すでにクルトディアの近くまでやって来ていて……。
作者名 八海宵一
キーワード 日常 ホームドラマ 文学フリマ短編小説賞 魔術師 精霊
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 06月06日 20時19分
最終更新日 2016年 06月06日 20時45分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 12pt
ポイント評価 4pt  : 4pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 6,764文字
N6107EM| 小説情報| 完結済(全2部分) | 空想科学〔SF〕
近未来の日本で起こったささいな自動運転車同士の接触事故。どうやら一方が自動運転を解除し、しかも、飲酒状態で運転をしていたらしい。事故は簡単に解決するかに見えたが、飲酒状態だった男は運転していないと言い張り、事故の真相究明//
N6676CL| 小説情報| 連載(全47部分) | 空想科学〔SF〕
 時は星歴110年。とある超々々高層ビルの221階B号室にその探偵社はあった。その名も「ゼノン探偵社」。  一人と一匹がやっている小さな探偵社だが、そこには奇妙な事件の解決依頼が毎日のようにやって来ていた。宇宙船密室殺人//
N6471DI| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
魔術師たちが住む国「クルトディア」。 そこは便利と不便が混ざり合うとても不思議な国だった。 当然のように家に住み着く精霊たちや、突如、上空を通り過ぎようとする竜の群れなど、ほかの国のものなら、卒倒しそうな出来事も、彼ら魔//
N9915BH| 小説情報| 完結済(全40部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 不完全な予知をする占師ヴィスと、完璧な予測をする機械人間トリア。ふたりは別々の角度から、大国ケーナバルトの不穏な動きに気づき、行動を起こしていた。やがて、ふたりはともに行動するようになり、おたがいの予知や予測に関わって//
N7572BE| 小説情報| 連載(全2部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
ずば抜けた洞察力で日常にひそんだ謎を見つけては、解明に乗りだす少年探偵、杉野和人。 歴代の担任から疎まれてきた問題児だが、新任の川合真理には受け入れられ、彼の追う謎が少しずつ、明らかになっていく。 和人はなにを見、なにを//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ