ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6438BI

俺とオヤジとショートケーキ

あらすじ 時は24世紀、22世紀初頭に起きた<第一次魔法・超能力発達期>により、人類は魔法や超能力を使えるようになっていた。
 そんな中、高校生活半年の少年九頭龍はある重要な悩みを抱えているのだがその悩みとは… 
作者名 リアロ
キーワード 空想科学祭FINAL レベル2 ギャグ風 日常風景 近未来
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2012年 08月31日 22時00分
最終部分掲載日 2012年 09月01日 22時51分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 15pt
ポイント評価 6pt  : 7pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 11,751文字
N6438BI| 小説情報| 完結済(全4部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
時は24世紀、22世紀初頭に起きた<第一次魔法・超能力発達期>により、人類は魔法や超能力を使えるようになっていた。  そんな中、高校生活半年の少年九頭龍はある重要な悩みを抱えているのだがその悩みとは… 
N5158BF| 小説情報| 連載(全1部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
 自分の人生に希望を見出すことができない少年天羽久遠は幼い頃、霧丘町唯一の児童養護施設「友楽園」の前に捨てられてしまっていた。  その彼も今では立派な高校生のはずだったのだが…  なんと彼は人生に疲れきってしまっていたの//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ