ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6135EG

突然ですが、異世界のお姫様と結婚することになりました。

あらすじ 僕、鈴本颯太が暮らす現代では異世界と繋がる時空の歪み、転移門(ゲート)が存在していた。ある日、僕の元に政府の役人さんが来てこんなことを言う。「異世界のお姫様と結婚していただきます」──え?僕、結婚するの?
そして一生に一度しか使えないはずの移住権で強制的に異世界に住むことになった僕。右も左も分からない異世界で僕を待っていたのは──。
「ようこそ、スズモトソウタ様」
息を吞むほどに美しい、魔術に愛された白き王女。公国最強のお姫様だった。
あれよあれよと言う間になすすべなく、こうして僕の異世界での波乱万丈な生活が始まってしまうのだった。

※書き溜めが尽きるまではおよそ二日おきの更新を予定しています。
作者名 由里名雪
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移  身分差 男主人公 魔法 ハーレム ヒロイン最強 バトル シリアス コメディ ファンタジー OVL大賞4
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 09月18日 20時27分
最新部分掲載日 2017年 12月09日 18時12分
感想 8件
レビュー 0件
ブックマーク登録 81件
総合評価 202pt
ポイント評価 20pt  : 20pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 138,622文字
N6135EG| 小説情報| 連載(全40部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
僕、鈴本颯太が暮らす現代では異世界と繋がる時空の歪み、転移門(ゲート)が存在していた。ある日、僕の元に政府の役人さんが来てこんなことを言う。「異世界のお姫様と結婚していただきます」──え?僕、結婚するの? そして一生に一//
N4431CP| 小説情報| 連載(全20部分) | 現実世界〔恋愛〕
───神様、どうかお願いです。俺の妹を助けて下さい。 俺は、そう神に請うことしかできなかった。 けど、無力な自分に絶望しかけた俺にどういう風の吹き回しか神様が現れて言ったんだ。 「代償を払え」と────。
N4741CG| 小説情報| 連載(全33部分) | 現実世界〔恋愛〕
失くした記憶はどこにあるのだろう。 忘れた思い出はどこへいくのだろう。 あれほど大切だった記憶はいつの間にか失くしていて────。 これは記憶の物語。 失くした記憶の物語。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ