ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6069EJ

魔剣使いの転生者

あらすじ 「え?あれ?…俺は死んだはずじゃ?」

猫を助けようとし、車に轢かれた主人公鈴木 明は神様の使いの猫を助け神様に魔法が使える異世界に行かせて!、と言い異世界へ転生。神様がお詫びに前世の記憶を持たせてくれた。
そこで魔女に助けられ、育てられた。魔女にこの世界の事を教えられ、人々は精霊と言われる存在と共存し精霊は剣に、人は鞘のような役割をし、精霊の力を借りて生活していると言う。
そんな世界に転生した明は前世の記憶を活用して行く!

※あらすじは適当です
作者名 うみにゃー
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生  冒険 魔法 精霊 剣
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 11月13日 01時07分
最新部分掲載日 2017年 11月21日 00時43分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 12,875文字
N6069EJ| 小説情報| 連載(全5部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
「え?あれ?…俺は死んだはずじゃ?」 猫を助けようとし、車に轢かれた主人公鈴木 明は神様の使いの猫を助け神様に魔法が使える異世界に行かせて!、と言い異世界へ転生。神様がお詫びに前世の記憶を持たせてくれた。 そこで魔女に//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ