ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N6062EK

終焉 ー最期の一秒までー

短編
あらすじ 今回の実習風景を綴った詩です。
作者名 菜須よつ葉
キーワード 看護学生 実習 生命維持装置
ジャンル 詩〔その他〕
掲載日 2017年 12月03日 13時26分
感想 3件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 12件
総合評価 102pt
ポイント評価 39pt  : 39pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 289文字
N0999EB| 小説情報| 連載(全61部分) | エッセイ〔その他〕
看護学生が看護師になるまでの物語
N7884EI| 小説情報| 連載(全13部分) | 詩〔その他〕
新たなジャンルへの挑戦。 【詩】勉強中です。
N8977EK| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
秋月 忍様のミステリアスナイト企画のために綴った【真夜中の不思議な出来事】です。
N6062EK| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
今回の実習風景を綴った詩です。
N2055EK| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
ななちゃんシリーズです。 パパに買ってもらったいちご柄の傘を使いたくてお空を見つめるななちゃん。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ