ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5522EF

あかだま相談所怪奇譚

あらすじ 「お前、なんかくっ憑いてるぞ。」

高校一年生の斎藤 京介(さいとう きょうすけ)が引っ越してきた紅玉町は、下町の暖かい雰囲気漂う場所。しかしそこは数多の怪談、妖怪、都市伝説がひっそりはびこる妖しい町だった!

さらに“目が良すぎる“先輩宮澤 糸(みやざわ いと)に自分にも幽霊が憑いていると言われ、成仏させてもらうため怪談、妖怪、都市伝説諸々を専門にする「あかだま相談所」にバイトすることに…

青春、ギャグ、時々血と涙と恋愛(?)がつまった怪奇譚をお楽しみあれ。
毎週月曜日12:00更新!

作者名 もふやまもこ
キーワード 異類婚姻譚 日常 青春 ミステリー 怪談 人外 学園 現代 妖怪 都市伝説 ホラー 和風
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2017年 08月30日 23時57分
最新部分掲載日 2018年 01月15日 12時00分
感想 3件
レビュー 1件
ブックマーク登録 9件
総合評価 28pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 33,490文字
N5522EF| 小説情報| 連載(全18部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
「お前、なんかくっ憑いてるぞ。」 高校一年生の斎藤 京介(さいとう きょうすけ)が引っ越してきた紅玉町は、下町の暖かい雰囲気漂う場所。しかしそこは数多の怪談、妖怪、都市伝説がひっそりはびこる妖しい町だった! さらに“//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ