ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5497BO

ばいめた!~楽師トールの物語(サガ)~

あらすじ  ヴァイキングメタルを愛するギタリスト、熊倉トオル。だが自分に才能が無いことを思い知った時にはすでに遅く、手持ちの金も先行きの当ても無い。晩秋の霧の中、そんな彼の前に現れたのはなんと本物のヴァイキング船。自棄になって船に乗り込み、迷い込んだのは西暦875年の北ヨーロッパだった。
 寄るべない自分を受け入れてくれた村のために、知恵を絞って外敵の脅威や王侯の圧力に抗して立ち廻るうち、トオルは次第にこの時代と土地に溶け込み、やがて愛し守るべきものを見出していく。動乱の9世紀――苛酷な歴史のうねりの中、繰り返される多彩な人々との出会い、そして燃え上がるロマンス。

 暴力と策謀の渦巻く世界にギターと歌で前途を開く、歴史ファンタジーをお楽しみください。

☆2017年4月16日0時より第一章を新規書きおろしバージョンに差し替えます。そのあとも順次新規分の内容に合わせて修正していきます。しばらく後続のパートとの矛盾が出るかもしれません。お気づきの点あればご指摘いただけると大変助かります。お手柔らかに!
作者名 冴吹稔
キーワード R15 残酷な描写あり  年の差 ヒストリカル 青春 冒険 タイムトラベル ヴァイキング 現代知識 現地民がチート 航海 海洋冒険 音楽 西洋 中世ヨーロッパ 男主人公 ネット小説大賞五
ジャンル 歴史〔文芸〕
掲載日 2013年 03月22日 07時02分
最新部分掲載日 2017年 04月03日 14時21分
感想 190件
レビュー 4件
ブックマーク登録 2,975件
総合評価 9,519pt
ポイント評価 1,773pt  : 1,796pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 525,035文字
N7427EI| 小説情報| 完結済(全5部分) | ホラー〔文芸〕
売れない小説家の僕はある日、公民館からの帰りに、愛用の傘の代わりに奇妙な女物の傘を手にする羽目になった。その傘には―― ※カクヨムにも重複投稿しています
N4102DO| 小説情報| 連載(全35部分) | 宇宙〔SF〕
少し未来。外惑星にまで活動領域を広げた人類は、未知の敵性体との交戦に突入してしまっていた。 中米軍管区参謀本部付き士官、リョウ・クルベ中尉はふとした事から火星駐留の軌道砲兵中隊に転属することになったのだが…… 巨大惑星//
N7108EE| 小説情報| 連載(全33部分) | 異世界〔恋愛〕
 三代前の武勲によって貴族の末席に加えられ、今も声望あるドゥ・シュヴァリエ家。現当主の三男であるテオドールは、自分を婿にと声をかけてくれた子爵家の令嬢アナスタシアを、日々甲斐甲斐しくエスコートしていた。  だがある日、一//
N9953DX| 小説情報| 連載(全7部分) | 歴史〔文芸〕
ばいめた本編の改稿に伴ってはじき出された旧版のテキストの置き場です。
N5497BO| 小説情報| 連載(全102部分) | 歴史〔文芸〕
 ヴァイキングメタルを愛するギタリスト、熊倉トオル。だが自分に才能が無いことを思い知った時にはすでに遅く、手持ちの金も先行きの当ても無い。晩秋の霧の中、そんな彼の前に現れたのはなんと本物のヴァイキング船。自棄になって船に//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n5497bo

ばいめた!~楽師トールの物語(サガ)~ - チラシの裏の読書感想文

ばいめた!~楽師トールの物語(サガ)~ヴァイキングメタルに傾倒したギタリスト、熊倉トオル。自分に才能が無いことを思い知った時にはすでに遅く、手持ちの金も先行きの当ても無い
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-1052.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ