ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5332CY

彼女は黒くて毛深くて

あらすじ  高校入学後すぐの、放課後の川辺の道。「君はなんて美しいんだ‥‥!」そこで先輩に熱烈に愛を囁かれるわたし、‥‥の連れたデカい犬。
 あの先輩、その犬、じつはわたしの──。
 これは奇天烈な秘密を抱えた女子高生の、ヘンテコでトラブルいっぱいの高校生活。
 微えっち有なので、苦手な方はご注意ください。
作者名 あしかが
キーワード R15 ボーイズラブ 残酷な描写あり  スクールラブ 日常 青春 軽度のエロあり コメディ成分あり 恋愛成分あり ファンタジー成分あり 女性主人公 一人称複数視点 現代日本が舞台
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2015年 11月02日 00時29分
最新部分掲載日 2015年 11月14日 22時00分
感想 1件
レビュー 3件
ブックマーク登録 11件
総合評価 42pt
ポイント評価 10pt  : 10pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 56,718文字
N5332CY| 小説情報| 連載(全13部分) | 現実世界〔恋愛〕
 高校入学後すぐの、放課後の川辺の道。「君はなんて美しいんだ‥‥!」そこで先輩に熱烈に愛を囁かれるわたし、‥‥の連れたデカい犬。  あの先輩、その犬、じつはわたしの──。  これは奇天烈な秘密を抱えた女子高生の、ヘンテコ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ